« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

9年越しの恋。

      Image1456

『こんにゃに大きくなりまちたheart

きーまお嬢宅のお嬢様にお久しぶりの再会です!以前に会ったときから数ヶ月、すっかり大人の猫ちゃんになっていてビックリ。仔猫時代はあっという間に過ぎてしまうけど、まだまだやんちゃの可愛い盛り、いねむりねこといっぱい遊んでくれました。すっかりきーまお家の子のようにくつろいだいねむりねこは、きーまお、きーまおママとの楽しいお茶会cafeの時間を過ごせました。ありがとねshine

その後は新宿へ。

演劇集団キャラメルボックス、ハーフタイムシアター『水平線の歩き方』を観に行ってきました。

ハーフタイムシアターとは普通は2時間程度の上演時間が1時間というキャラメルボックス特有の上演スタイルです。1時間って長い?短い?いねむりねこはどちらとも思わなかったです。長いと思わせない飽きの来ない濃縮さで、しかも1時間という短い枠の中にぴったりに収まる脚本演出になってます。おちりが痛くならない絶妙な制限時間ですね。

それに、いねむりねこの大好きなハチミツ・ヴォイスこと岡田達也氏主演でございますから!1時間出ずっぱり動きっぱなし喋りっぱなしの本人にとっちゃ辛いでしょうけど、それだけ岡田氏の姿と美声を堪能できました。

男前に見える基準とは。岡田氏を見ると、いつもいねむりねこのこの中の基準がわからなくなります。・・・・いや、岡田氏はカッコイイですよ、うん。舞台に立つ彼はどの俳優さんよりもひときわ存在感ありますし、演技力表現力が際立ってますから。でもそんなよくある言い方以外に、何をもってこんなにもいねむりねこを魅了するのかと説明を求められても『ただ惹かれるんだよね~。』って上手に答えられないです。舞台上で役をこなしているのを観ることしか出来ないから、それが岡田氏の本質であると錯覚しているのかもしれないけれど。

単なるファンのひとりでしかない、しがないいねむりねこは、私生活の噂や岡田氏自身のブログを窺う限りでしか知りえなくて、きっぱり言い切れやしないけど、彼の本質って決して『善人』の範疇(笑)に入らないでしょう。だけど『極悪人』でもなく『悪人』くらいの人間臭さをまとっているから好きです。舞台上で『善人』を演じ、カーテンコールではすっかり『(普段どおりの)悪人・岡田達也』の顔が出てくると嬉しくなっちゃうもんです。

さて、その岡田達也氏ですが。

先日キャラメルボックスの舞台に限り、なんと通算2000ステージ目というおめでたい日を迎えられました。2000ステージってすごくないですか?いねむりねこは2000も続けられる何かって、ない!当日は超満員だったとか。岡田さん好きって多いんですよ^^、嬉しいですね。

飽き性のいねむりねこが、キャラメルボックスを追いかけて、こらまた驚き脅威の9年目。これもすべて岡田達也氏に恋するあまりheart

じゃぁ、いねむりねこは岡田氏を2000ステージ観ることが出来るように、これからもずっと応援してきましょ!

| | コメント (10)

いねむり伯父の引越し。

         

     Image143600

    

     Image143800

     Image143900

お姫様、そんな所に入っちゃったら一緒に引越しされちゃうよ。

約3年間病気療養の為同居していた、いねむり伯父が体の調子が良くなったのでいねむり家から引越しをします。

この先もずっと一緒に暮らすかと思っていましたが、本人の希望ですので家族は承諾しました。

寂しいような、肩の荷がおりてほっとしたような。

他人じゃないけど他人のような、そんな危ういバランスの上で成り立っていた最近でした。

離れれば修復できる関係もある。

これからはきっと一番よい付き合いかたが出来ると信じて、伯父を今週送り出します。

これからの伯父の人生が波乱もなく、おだやかである事を離れた地で祈ります。

|

おひとりさまですか?

会社の飲み会が中止になることはよくあります。

アテの外れた夕飯。

お弁当を買っておウチで食べるのは少し味気ない。

そんな時、いねむりねこは喜んでひとりディナー。

ひとりラーメン、ひとりパスタ、ひとりで食べるのは全然平気。吉野家で知らないおっちゃんに挟まれて座って、どんぶりをかっ食らうのも普通。

今回のひとりディナーは『ひとりカレー』に決定。

          Image142800

煮込みカレーが評判のカレー屋さんの『まめカレー。』

一口め、『美味しい!』

お豆好きないねむりねこ、気に入った!豆は柔らかいし、ちっちゃい粒々は松の実かな?オクラとナスもじっくり煮込んである。

半分くらい食べた時、『辛い!』

おウチで作るカレーは「ハウスバーモントカレー(中辛)」。それはそれで美味しいけれど、本格的はやっぱり味が深い気がします。そして辛みも・・・。食べていくうちに、辛くなってきて舌が痺れてうっすら汗も出てきますが、辛さが増すので水を飲むのは最後まで我慢。サラダをつければ良かったかな?

          Image965

『野菜も食べなきゃダメにょ。』

お姫さんって変な子、レタス食べてるよ。美味しいかい?

    

           Image963

『ウマいにょ!』

目をつけているご飯屋さんはまだまだあります。

| | コメント (12)

スタスタハマスタ。

猫さま達のごはんを容器に移していたところ、

                                  Image141800

直にそこから食べようとするお方が。

               Image141900

つか、完全に食べてます。お行儀悪い!

               Image142000

               『へっ!』

               

           Image142200

こらこら、挨拶なしかい。

           Image142300

    『スタスタスタ・・・・。』

スタスタスタ・・・・といえばハマスタ!(←ムリヤリ。)

ポルノグラフィティ横浜・淡路ロマンスポルノ'08 ~10イヤーズ ギフト~

ハマスタこと、横浜スタジアム に参戦決定いたしました。きゃっほー。

おまけに淡路島までも!うっはー。

こいつぁは今年もポルノ運が絶好調だぜ。(吉井和哉運も、もれなくついてくるといいんだが。)

それぞれの日程の相方さん、いねむりねこを宜しくお世話してくださってください。

方向音痴だから会場へ連れてって。

異常なテンションでライブ前に疲れてしまうので時々はクールダウンさせて。

異様な盛り上がりでライブ終演後はクタクタだから帰路はおんぶして。

一緒に腹の底から叫ぼうじゃないか『アギビド~バルイヂ~』。

さぁ9月まではイイ子にして待っていよう♪

| | コメント (12)

隣は何をするひとぞ。

ベランダからお外を眺めるお殿様。

           Image1190

お殿様、覗きはいけませんよ。

            Image1192

『わしはこの家の警備を任されておるけぇ、こうやって日々警護しておるんじゃ。』

『隣人恐竜のポルカ』を観てきました。

相方はおなじみのスーパー後輩ちゃん、今回もやりました彼女。前から2列目の舞台至近距離、あいかわらずいい仕事してます。

寺脇康文さん、手塚とおるさん、水野真紀さん森本亮治さん、竹内都子さん、兵動大樹さん、石野真子さん、後藤ひろひと さんが出演。

ある日庭を掘ったら図鑑にも載ってない未知の恐竜の骨が出てきた事から起こる、隣人の幼馴染どうしの一家が繰り広げるドタバタお笑いです。

上司の目の前で”ええじゃないか、ええじゃないか”踊りでも踊って壊れたふりでもしてやろうかと日々もーんもん飽和状態だったいねむりねこには腹をよじって散々笑うことでずい分発散できました。ここで重たーいお芝居なんか観ちゃった日にゃ、地面を穴掘って1億3000万年前の地層まで辿り着き、そこで恐竜の化石とともにスリーピングしかねないませんから。

隣人といえば・・・そういえば10年前に引っ越してきてから顔を合わせればもちろん挨拶はしますけど、実を言えばいねむりねこは隣の家の人の名前を知りません。いねむりおかんはお隣の奥さんとはよく喋っているようだけど、多分お隣の奥さんはおかんよりいねむりねこの方が歳が近いんじゃないかな・・・。一度、お殿様が脱走してお隣のお家の庭に入り込んじゃって、捕まえに行く前にインターフォン越しにお話ししたくらにかなぁ(あんときゃ、恥ずかしかった。お殿め!)。

お向かいのお家には素敵なダックスちゃんが二匹いるのは知ってる。反対隣の家には素敵な猫ちゃんがたまに窓からこっちを見ているのも気が付いている。そのまたお隣は素敵な柴犬ちゃんがいて、ここの奥さんとはいねむりねこはよくお話しをしてます。そのまた隣には素敵なコーギーちゃんがいます。

でも住んでいる人間はというと、柴犬の奥さん以外は誰も知らないというみっともない事実にいまさらながら気が付いたいねむりねこでした。

『あそこンちの大きいほうのお嬢さん。いったい何歳かは知らないけどまだお嫁には行かないのかしら?』

なんて噂が流れているなんて事は、まだないです。

| | コメント (12)

騙された!

おねぃちゃんを見る時の素の顔。

             Image1128

いねむりおかんに抱っこされてご機嫌な時の顔。

             Image1106

なんでこうも違うんかな・・・ブツブツブツ。

 映画『アフタースクール』

      329681view010

(内田けんじ監督、大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人、常盤貴子、田畑智子ほかが出演。)

を観て来ました。

とにかく騙されます。

『甘くみていると、ダマされちゃいますよ』

と謳っているだけはあり、いねむりねこは見事に騙されました。

緻密に練り上げられた脚本(ストーリ展開の予想はまず無理)、一見人が良さそうに見えてクセがありすぎのキャスト(大泉洋ちゃん100%)、普通は騙されるのはクヤシイけれど、結末が予想できないそんな映画に騙されるのはすっごく楽しい!

『えー!さっきのアレはこういう事だったの!?』

『ひゃー!ここと、そこは、こう繋がっていたのか!?』

的な。

ラストではもう感服。

『無理ー!ぜってー思いつかんかった!』

この映画を語ってしまうと、うっかりネタバレになりそうなので気をつけないと。

思いっきり笑いたくて、気持ちよく騙されたいという方にはオススメな映画です。

この映画は物語が進むにつれて観客への印象をどんどん変えていく、のがテーマのひとつだけど、

実はいねむりねこも裏表大アリな人物です。

気をつけて!・・・イヒヒ

| | コメント (15)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »