« それでも白馬の王子を待っている。 | トップページ | 旅の前の日。 »

職歴の数だけなら威張れます。

郵便局の内勤、スーパーのレジ、ファミレスのウェイトレス、眼鏡店のスタッフ、某デパートのお中元お歳暮受付、リゾートバイト・・・などなど、バイト暦はいろいろあるいねむりねこです。

今日何気にポルノグラフィティの会報を読んでて、昭仁さんが某サファリパークに遊びに行ったと書いてあるのを見て・・・

おお、ここは!いねむりねこが数年前にバイトをしたところじゃないか。

その頃、動物関係の専門学校生だったいねむりねこ。学校の掲示板にこのサファリパークでの実習を兼ねたバイト募集がありました。夏休みの短期間でしたが、これは絶対行きたい!と応募し、働いていたバイト先に無理言って(つうか、辞めて)、行きましたよ。

泊りがけのバイトって初めてだったけど、皆と共同生活って結構楽しかった。乾いた洗濯物がごっちゃになって、『これ、誰のブ○○ャー!?』って騒いでいるのが可笑しかったなぁ。親といればうるさい事言われるかわりに、掃除も炊事も全部やってくれていかに自分が楽ちんしてたってことが身に染みました。

さて、お仕事ですが、動物さん達のお世話です。お世話といっても所詮シロウトの学生ですので主に獣舎のお掃除だとか、食餌の準備や餌やりだとか、お客さんがウサギさんやモルモットさんなどの小動物達とのふれあいをお助けしたりですが、それでもやりがいあったし楽しかった!毎日汗まみれになって動物さん達のう○ちと格闘してました。

熊達にあげる大きなお肉の塊を倉庫のような冷蔵室から持ってくるよう言われ、いねむりねこが中に入ったら鍵が閉まって中から開けられなくなってこのまま凍死してしまう、と焦ってみたり、

フラミンゴの池の掃除をしていたら、深みにはまって全身びしょ濡れになってみたり、

地面に座り込んだら、下にウサギさんのう○ちがあっていねむりねこの作業着のお尻部分が恥ずかしいことになってみたり、オウムに指かじられたり、

育児放棄された猿の赤ちゃんと戯れたり、そしていねむりねこがすっごく気に入った一頭のプレーリードックと遊んだり、今でもありありと色んな事を思い出せます。

お仕事以外に実習として、職員しか入れないライオンやキリンの檻の裏側も見せていただきました。ホントにホントにライオンだ~♪というテーマソングそのまま、手を伸ばせば触れるくらいすごい間近にライオンがいるの!ものすごく緊張しましたけど、ライオンの美しさにうっとりでした。

ここのサファリパークではライオンの赤ちゃんを抱っこできるイベントがありまして、いねむりねこはそのまだデビュー前のライオンの赤ちゃんを抱っこさせてもらいました。猫よりははるかに大きいのにまだまだ赤ちゃんの仔ライオンは、とっても可愛くて可愛くて・・・その記念の写真はいねむりねこの大事な思い出です。そしてその中に、陣中見舞いに来てくれたいねむりおかんが頬を緩ませて仔ライオンを抱っこしている写真がございます。昔っから猫科に弱いんね。

しんどかっただろうけど今となっては楽しかった事しか思い出せない、いねむりねこのバイト暦でこれが一番思い出があります。

これの次が長野のスキー場のホテルスタッフのバイト。

寒さに弱いくせに?はい、おっしゃる通りです。

寒くて寒くて死ぬ思いでした。早番の時なんて朝5時からですので、まだ外は真っ暗で星がチカチカ輝いている中を雪を踏みしめながら歩いていると涙出そうでした.

宿泊施設では部屋にネズミは出るわ、お風呂場に掃除に来てんだか覗きに来てんだか、あまりにも堂々と入ってくるので誰も注意しないジイさんがいたりで大変なもんで。でもスキー場のリフト代はタダで滑り放題でしたし、バイト仲間や調理師さん達と仲良くなって、いねむりねこのバイト最終日にはご馳走を作ってくれて送別会までしてくれました。そこで出会ったひとりの女性、このようなリゾート地を転々とめぐってひとつの仕事が終わればまた次の仕事がある土地へ行く、そういう生活の仕方もあるって初めて知ったんです。あの時の方々、元気でおられますでしょうか。

んで、もう二度とやりたくないバイト・・・。

ペットボトルの景品付け。

あのね、延々と流れてくるんですわ、ペットボトルがコンベアーで。それにパッパカパッパカとキャップ部分に景品を取り付けるんですがノロマないねむりねこには間に合わない!景品を付けそこなったペットボトルがいねむりねこの後へと流れていって・・・今でもコンビニで景品付きのペットボトルを見かけるとあの日の戦慄が蘇えってきて・・・ちょっとしたトラウマかもー!

|

« それでも白馬の王子を待っている。 | トップページ | 旅の前の日。 »

ポルノグラフィティ」カテゴリの記事

思い出」カテゴリの記事

コメント

なるほど~!いねむりねこさんも若い頃からいろんな仕事で
ご苦労をなさったんですね。
あんたは偉い!!惚れ直した~♡
僕も学生時代の4年間毎日バイトにあけくれましたよ。
実家が貧しかったので、親から「入学金は払うけど仕送りは
いっさいしないから後は自力でがんばりなさい」と言われたん
です。
お蔭様で、学生生活は味気ないものだったけど学問では
決して学べない貴重な人生経験をたくさん得る事ができ
ましたよ(^◇^)

いねむりねこさんは根っからの動物好きなんですね。
実は若い頃の僕はいねむりねこさんと違って犬や猫、その
他の動物も嫌いだったんです。
動物好きの妻と出会わなかったら一生そのままだったかも。

投稿: Micchii | 2008年8月 8日 (金) 21時56分

↑「若い頃から」って表現はちょっと御幣あるかもね^_^;
僕の年齢ならぴったりなんだけどね(^◇^)
いねむりねこさんの場合だと、いかにも今は若くないけどって
言ってるみたいにも取れるし・・・
日本語ってむずかしいね(>_<)
それにしても開会式なが~い!
今聖火がお空に昇っていきますた(; ̄□ ̄A

投稿: Micchii | 2008年8月 9日 (土) 01時02分

>Micchiiさん♪
いやいや、いねむりねこの場合は自分のおこづかいを稼いでいただけですので、苦労だなんておこがましいですsweat01
それに比べたらMicchiiさんのほうこそ、よほど苦労されているではありませんか
でも若い頃の苦労は買ってでもしろ、という言葉もありますので、当時の貴重な経験が現在に役立っているのですよね。

いねむりねこは小さい頃からずっと社宅住まいでしたので、動物を飼うことが出来ませんでした。金魚や小鳥やハムスターは飼っていましたが、もうずっと犬や猫と暮らしてみたくて、みたくて・・・
『犬の飼い方』なんて本を買って飽きずに読んでいた幼少の頃。
そうして働きだしてから、ようやく動物を飼える家へと引っ越すことが出来たんです!猫を飼ってもよいとお許しがでたときは
それはもう嬉しくて嬉しくて・・・
お陰さまで今、いねむりねこにとって宝といえる3にんの猫さま達とめぐりあうことが出来ましてcatface

あ、開幕式見てないcoldsweats01

投稿: いねむりねこ | 2008年8月 9日 (土) 15時04分

職歴の数なら私も負けてないわよ~(←負けず嫌いbleah)。
まぁ色々おもしろい経験が出来たってことで、
大変だった仕事も今となっては良い思い出だよね!

投稿: きーまお | 2008年8月 9日 (土) 19時11分

ああ!動物園のバイトってこの事だったのね!
一体どんないきさつで動物園なんだ?って思ってたから納得!
動物好きでなくちゃ出来ないバイトだね
実は私も大昔、ムツゴロウ帝国で働きたかったのhappy01
馬の出産シーンに感動して、ここで働くー!ってわめいてた
今でも動物のドキュメンタリーは好きでよく見るよ

いねむりねこさんのバイト経験話面白かったー!
もっと聞きたい(笑)
私も自分のバイトの事思い出したなぁ

投稿: すみか | 2008年8月 9日 (土) 22時40分

かなりご無沙汰です。
自分のブログもほったらかしだったdash

ペットボトルの景品付け・・・考えただけでうわぁ~ってなりますね。。

投稿: JINKAJI | 2008年8月10日 (日) 21時30分

>きーまお♪
きーまおと一緒に働いたバイトもあったよねー。
ううーん、あれはキツいバイトの部類に入るよね(笑
確かにいろいろ経験するのは良いことだけど、いねむりねこはもちっと腰を落ち着かせなきゃねぇsweat01

投稿: いねむりねこ | 2008年8月13日 (水) 22時54分

>すみかさん♪
ムツゴロウ王国はいねむりねこも、欠かさず見てたよ。たくさんの動物に囲まれての生活はホントに憧れたなぁ。
犬や猫がお家の中にたーっくさんいるのって、良いなぁって!
でもお休みなんてないんだろうなぁsweat02
ああ、でもあんなに雪深いならムリね・・・・snow
すみかさんってどんなバイトしてたんだろ~?
いねむりねこの想像だと、すみかさんってば社交的だから接客業とか似合いそうhappy02

投稿: いねむりねこ | 2008年8月13日 (水) 23時00分

>JINKAJIさん♪
お忙しかったんでしょうか~お元気でしたか
あのね、いねむりねこ一人でもくもくとこなす仕事はあまり苦じゃないんですが、連携してやるのがどーもニガテでしてsweat01
もう二度とペットボトル系はやらないだろうなぁcoldsweats02

投稿: いねむりねこ | 2008年8月13日 (水) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それでも白馬の王子を待っている。 | トップページ | 旅の前の日。 »