« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

コワモテで選ぶなら。

         Image1743

『新しい首相の麻生太郎氏・・・ずいぶんコワモテじゃの。』

お殿様には言われたくないと思いますが。

         Image1748 

『一国の長としてはやはり、ガツンと顔でインパクトつけねば。』

コワモテ度で選ぶんであったなら、お殿様が首相になっても良かったかもね。

         Image1761 

『わしはいねむり家の首相だから忙しいんじゃ。』

気持ちよく寝てますが。

まあいいや。

お姫様が屋根で遊んでいる現場を目撃した。

心臓が止まるかと思った。

父親の部屋のストッパーをつけていなかった網戸を開けるコトを最近覚えたらしく、どうやらそこから一階部分の屋根に降りたらしい。

雨戸を閉めようとして、10センチほど開いている網戸を不審に思って、外を覗いたら屋根にいるお姫様と目が合ってしまった・・・

近所にはでっかいカラスがいるので、気をつけねば。

         414

『わしたまに可愛い顔も出来るの、知ってた?』

だれ、これー!?

| | コメント (11)

ファンクとは何ぞや?

スガ シカオさんが出演されている番組を見ていたら、司会者がスガさんにこんな質問をしていた。

『ファンクって何ですか?』

いねむりねこだっていろりろ調べた。

調べたけど、よくわかんねぇ。

おおっ!と思い、シカオちゃんはいったい何て答えるんだろうと興味しんしんでテレビにかぶりついた。

『ロックは腰から上、ファンクは腰から下なのだ。』

シカオちゃんはこう言い放った。

????

それでもまだよくわからないツルツル脳みそのいねむりねこは、この疑問をいねむりシスターにぶつけてみた。

『おねぃちゃん、ファンクをわかりやすく言うと・・・』

『うんうん?』

 Photo ※代理

『パパイヤ鈴木だよ!』

あーーーーーーー!

目からウロコである。

しかし、何となくファンクというものをつかめたのはいいけれど、

 Photo_2 

『シカオちゃんを聴く度に、おねぃちゃんの脳裏にパパイヤちゅぢゅきが踊り狂うのにょ~。』

| | コメント (14)

黄色は阪神タイガース~淡路島ロマンスポルノ08'・大阪観光編~

タイトルが苦しいのは見逃してください。青、赤に続いて黄色にしたかっただけです。

               

淡路島の翌日、すみかさんが大阪のミナミを案内してくれました。

              Image1745

『おねぃちゃんが旅に行っとる間、わしイイコで待っとったんじゃが、あのアホウ(おねぃちゃん)がすみちゃんにメイワクかけておらんかったか心配なんじゃ。』

えーそれほどアホウはしてませんよ~。

 Photo       

グリコの真似をしてみたり(見た目オラウータンみたいだが)、   

Photo_2

かに道楽の真似をしてみたり、

ベタな事しかしてませんよ~。

              

              Image1747

『ガクッ・・・・・・・・・・・(アホウめっ)』 

 Image1727

三角公園にて、昔、昭仁さんが座ったベンチに座ってみたり、

お昼ごはんやお茶をしながら、ポルノ&吉井さんのディープなお話しをさんざんっぱらしてまいりました。これがねー楽しい!楽しすぎて、オサレなカフェで踊りだすいねむりねこ。

帰りの新幹線があったので短い時間だったけど、お好みソースなみに濃い時間を過せました。

ビバ☆大阪!

             

             Image1746

『すみちゃん、おねぃちゃんがお世話になりました。

  そして、こんなわしを好きと言うてくれて、ありがとな。

 わし、こんな顔しとるがこれでもご機嫌なんじゃ。』

             

                 

              

              

| | コメント (18)

炎の赤いヒト~淡路島ロマンスポルノ08'~怒涛のライヴ・編~

雨は困っちゃいますが、ここまで晴れるか。淡路島ロマンスポルノ08’、いねむりねこが参戦の一日目、脳天焼けそうな好天気。ぞろぞろと人の流れについていけば、前方に見えてくるステージ。

ホントに来たんだ淡路島・・・・

すみかさん&いねむりねこペアはGブロック。浜スタでのグランドがFだったので、なんとなくそのもっと後ろかなーっと思っていたら、近っ!

メインの中央から客席へ伸びているサブステージが近い。こりゃひょっとして顔の表情見えちゃうじゃんかー。サブステージ側のブロックをしきっているフェンス脇をがっつりキープ。相変わらずライヴが始まる直前は吐き気が。そんでちょっと自分大人しくなります。

ステージにスモークがもわもわ立ち始めるともうダメだ、狂おしくて気を失いそう!昭仁さん側のステージ左をじじじーっと注視。

ドォン!スモークがシュパーッ!

そしてスモークが少しずつはれてきて昭仁さん登場!

上下赤いステージ衣装の昭仁さん。目に痛いくらいの真っ赤、いねむりねこの鼻血の。でもいかにも昭仁さんっぽくて、うわーカッコいい!もうホントにこの人が好き好き好きだーって、いねむりねこの体から変なニオイが立ち上ってきちゃいそうなくらい、口から心臓出てきちゃいそうなくらい大興奮!でも絶対この衣装、晴一さんならセレクトしなーいっ。

晴一さんはというと、浜スタでは黒の皮ジャンなんか着て、ま、これも鼻血もんのカッコよさでしたが、今回はロマポルグッズのひとつである『つなぎ』を着用。これ反則。だって、むちゃくちゃ似合ってカッコいい!「肉体労働する男性」像はいねむりねこは弱点なんで魂持ってかれました。

正直、理性の針が振り切れちゃって満足に記憶がないけれど、特に印象的だった曲を。

心臓と魂をもぎ取られ半ば放心状態のまま一曲目ライオン。

浜スタでも思ったけど、これなんだ!って。残念の意味じゃないです、嬉しいほうの。あたしら獣さ、ここはサバンナじゃー。でもあなたの前では可愛い仔猫ちゃんでいたい。

痛い立ち位置♪うきゃーもっと痛くして!←変態

ヒトリノ夜♪あーもう壊れそうな夜!

ポストマン♪疾走感のあるこの曲好き。吹いてくる風が気持ちよく音楽をのせてくれる。

ここでいったんMCですが、昭仁さんが『島はいい!』と力強く言ったのはここだったでしょうか?ぶっ飛んでいるので記憶が曖昧ですねぇ。ええ、いいです。あなたとふたりっきりのLOVEアイランドに住んでみたいってもんだ。

晴一さん『浮かれ気分で・・・』会場『ロックンロール!』。喉が張り裂けんばかり叫びましたよ。だってこれ以上のハイテンション、浮かれ気分のお祭り騒ぎがあるでしょうか?全身の毛穴から『アホでバカオーラ』全開のいねむりねこ。

グラヴィティ♪大好きです。昭仁さんの高音シビレました!

農夫と赤いスカーフ♪浜スタでは横浜リリーでした。ここは淡路島で絶対変わると確信してました。なるほど、こう来たか。

中央のサブステージにサポメンさん含めて全員集合、炎が灯って夢見心地のアゲハ蝶♪いいよね、こんな感じも素敵。でもいつもと違うテンポで手拍子ズレまくり。・・・リズム感、プリーズ!

カルマの坂♪アルバムを聞くとき、この曲だけいつもとばしてたんです。ホントは好きじゃなかった。でも生で、昭仁さんの魂からの歌声を聴いてしまうと全く違う印象で引き込まれるました。うわーって昭仁さんの声が空に広がっていくのがむちゃくちゃ鳥肌だった

ミュージック・アワー♪ライヴでもう何度もやってるけど何度やっても楽しいね、変な踊りー!

Heart Beat♪これからもずっといろんなコトを一緒に始めたい。たくさんポルノの曲が聴きたい、もっといっぱいライヴに行きたい。ついていきますぜ、アニキ!

メリッサ♪ベース音が腹に響いたー。この曲はポルノライヴの王道っすね。すみかさんのキレのある腕の振りっぷりに思わず目を奪われる、ねえさんカッコいいっす!

稲妻サンダー99♪ここだった記憶が曖昧だけど、昭仁さんが客席にタオルを投げる。手にされた方、羨ましいー。特に、昭仁さんが股○をぬぐったタオルは国宝級ですよ!そして、ゴーゴーを踊るすみかさんといねむりねこの姿に、隣の中学生か高校生らしき女の子、ぽっかーんって顔で見てた。まだ若いアナタには分からないかしら。生きるという事は、どんだけ恥をかけるかなのよん(笑

ハネウマライダー♪ブンブン、ブンブン、ブンブン!サブステージに来てくれた麗しの晴一さんに向かって、いつもより余計に青いポルノタオルを廻しておりま~す。

ギフト♪今までどれだけたくさんのギフトをポルノのにぃさん方からもらったでしょう。今まで自慢できる人生を送ってきてないけど、少し自分を信じてにぃさん方に恥じないよう頑張ろう。

アンコールでの昭仁さんのライヴTシャツが、またいねむりねこが着ていたのとおーなーじー。ぎゃー嬉しいー!こんなことでもシヤワセなの。

Please say yes,yes,yes♪ラストにジレンマじゃない不満はちょっとある。あるけど、この曲大好きなんです。終わったあとの爽快感はハンパじゃない!

ダイアリー08/06/09♪サブステージに昭仁さん晴一さん二人だけです。もう何も言えない、泣けてくるほどの最高の贈り物。ありがとう、ありがとう、ありがとう。

本編21曲にアンコール4曲、3時間が短く感じたくらいのぎっちり中身のつまったサイコーのライヴ。ポルノに出会って、好きになって、こうしてライヴに行けることにココロから感謝です。

今までのライヴにおけるいねむりねこビジョンはほぼ昭仁さん100%だったんです。でも浜スタから感じていたけど、その割合が変わって来てます。晴一さんもばっちり見てます。昭仁さんオンリーだったいねむりねこの意識が変わってきたんでしょうか。ポルノ=昭仁さんではなく、ポルノグラフィティはポルノグラフィティとして好きなのかな?

あーだめ、難しいことわかんない!スッカスカの脳みそが考えることじゃないね(笑

つきなみな『好きに理由があるの?』というとこで、まとめときましょう。

いねむりねこのま後ろの『すみません、暴れちゃって手とか当たるかもしれないですけど。』と言ってくれた人、ステージから降ってきたテープをわけてあげたら嬉しそうに『ありがとうございます!』と可愛い絵顔を見せてくれた隣の女の子、

そしてこの日初めて顔を合わせ同じライヴを灰になるまで一緒に燃え尽きたすみかさん、

同じ会場に来てたすみかさんのお友達、

昭仁さん晴一さん、

いねむりねこは、あなた方に出会えて幸運でした!

お疲れ様、また会いましょう!

| | コメント (9)

合図は青ポルノタオル~淡路島ロマンスポルノ08’ ・出会編~

お名前は知っている。

声も電話で話したことがあるから知っている。

素性もやや存じ上げている。

いねむりねこの手持ち情報はこれだけなのに、ブログのおトモダチ、すみかさんと初のご対面!

今回、淡路島でのポルノグラフィティライヴの相方さんであるすみかさんは新大阪駅でいねむりねこをお迎えにきてくれる。しかし、お互い顔を知らない同士、合図はすみかさんの持っている青のポルノタオルのみ。

いねむりねこの大好きなアーティストさんはポルノグラフィティ、吉井和哉さん、スガシカオさん。すみかさんは、なんとポルノと吉井さんがかぶっている素敵なオトモダチ。だったら、自分と同じニオイがするに違いない、動物的感、猫的嗅覚で必ず嗅ぎわけてみせるわ!

待ち合わせの改札口で、ギョロギョロとまわりを見わたして、すみかさんらしき人を探します。すると、スラっとした髪の長いひとりの女性、手に持っていた青のポルノタオルを肩にかけた!

ターゲット、ロックオン!

つつつ、とその女性の真正面に立ち、『しゅみかさん?』←緊張で噛んでいるいねむりねこ

『ハイ・・・?』

いねむりねこが新幹線の到着時間を間違えて伝えてしまっていたので、すみかさんは随分驚いちゃったらしい、ごめんよう!

でもでも、うわーい本物のすみかさんだぁheart

なんだか舞い上がっちゃってまともな挨拶ができんかったけど、すみかさんはそんなヘタレないねむりねこを温かく受け入れてくれた。メールや電話でお話しただけだったけど、絶対いねむりねこ好み(?)のかわいい人なんだっていう想像を裏切らなかったー。

           Photo

人見知りをするいねむりねこ、始めの固めな会話もお昼ご飯を食べる頃にはすっかりうちとけちゃった。お昼ご飯は、明石焼きのお店に案内してくれました。生まれて初めて食べる明石焼き、とろっとろふわんふわんで美味しいー。

淡路島へのバスの乗車時間までまだ余裕があったのでお店を変えて、

           Photo_2  

『かんぱーい!』

まっ昼間です。前祝のお酒。いいんです、お祭りだから。

さ、バスに乗って淡路島へ運ばれましょう。明石海峡大橋を渡る時に写真を撮るぞ!最初こそ、そう思っていたのに、ポルノのこと、吉井さんのこと、スガシカオさんのこと、すみかさんの好きなアーティストさんのこと、ブログのこと、話す事は後から後から出てくる。

そして、気が付いたら島、到着。えーーっ!どんだけ夢中になって喋ってたんだ・・・。

        Image1721 

バスを降りると日差しがカーっと照りつけているけど、すごーく海がきれいで気持ちがいいぞう。

怒涛のライヴ(その模様は後日~淡路島ロマンスポルノ08’・ライヴ編~で←宜しかったら付き合ってね)終演後、すみかさんのおトモダチをたくさん紹介してもらいました。

きゃーっみなさん、お名前を存じ上げている方ばかり!あ、あのいつもブログを拝見させていただいておりおり・・まり・・

あ゛ーーーーーーーーーっ興奮して、舌まわんねぇ!

アホウないねむりねこに、みなさんとっても温かく接してくださって、いねむりねこの名前を知っていてくださる方もいらして、感謝感涙でございますよ!

            Image1723

打ち上げの『かんぱーい!』

喋る喋る、飲む食べる、爆笑する、喋る喋る、爆笑するふたり。

お店の閉店時間がせまっても、お客さんがみんな帰っても、店員さんに『閉店なんですが・・・』と言われるまで、延々喋ってました。どんだけ喋りたおしても、まだまだ喋り足りない感がいっぱいでとても残念だったけど、この日はお開きでした。

翌日はすみかさんが大阪に案内してくれまーす。

とりあえず自分のブログ上で申し訳ないけれど、

当日お会いしたみなさま、短い時間でしたが楽しいお話しありがとうございましたshine

お会いできて嬉しかったですhappy01

| | コメント (8)

フィーリングで生きていく。

     

       Image1696

スガ シカオさんの新譜

「FUNKAHOLiC」

が昨日Amazonから届きました。

              

いねむりおかん 『あ、それ新しいの?』

いねむりねこ   『うん、そう。』

いねむりおかん 『ポルノ?』

いねむりねこ    『ううん、スガシカオ。』

いねむりおかん 『ああ、スガシカオ!』

いねむりねこ    『うん、そう。』

思い込みとフィーリングで物を覚えるおかんに、今更何を言ってもしょーがないので否定しません。

しかし、「道場六三郎」をどっかの道場主だと思っていたいねむりねこも、おかんのその血を確実にひいているかと思われます。

パソコンの中には入れたけどiPodにはまだ入れてません。

だって聞いちゃうから。聞いたら中毒になるらしいですよ。

淡路島が終わるまでは、ココロも頭んなかもポルノグラフィティ一色でいたいので!

あーでも、ものすごく聞きたい・・・

           Image1715

『淡路島から帰ってくるまで、わしがにして預かっとるけぇ。』

それはイヤだ・・・メキっとか、ミシっとか変な音をさせないでくださいね。

さ、そろそろ旅支度しようかな。

| | コメント (8)

その狭さが落ち着くの。

2日間のポルノグラフィティのハマスタライヴに参戦するにあたって、同行してくれた友達が『いっそ横浜に一泊しちゃう?』とナイスな提案。

いねむりねこがホテル予約をしようとしたんだけど、どこもかしこも満室。

ポルノなにぃさん方に会いに、きっと全国津々浦々からたくさんの人が来るからでしょうね。

んで、友人がチョイスしてくれたのが、

『リゾートカプセルホテル』

「カプセルを越えた高級リゾートカプセル」と謳っていちゃ、なんかワクワクするでしょ!

いねむりねこは寝台列車にちょっと憧れていたので期待が大きい。

スタンダードキャビンとプライベートキャビンの2種類あって、個室的になっているプライベートキャビンの方を予約してくれました。

1日目のライヴが終了、ちょいっと一杯飲んでほろ酔い気分でさあ後は寝るだけ。

     Image1710

スタンダードはベッドのみだけど、プライベートはアコーディオンカーテンを閉めれば全くの個室的空間です。ちっちゃい机もあるし専用ロッカーもついてる。

     Image1711

ベッドが上にあって、ドラえもんが押入れで眠るみたいにおもしろかった!

ベッドとそのほかのスペースで2畳くらいの空間だったけど、この狭さが落ち着くのよね。

     Image162200

『そのキモチ、よく分かるのう。』

あ、お殿様のカプセルホテルだ。つか、掃除機をかけるのに邪魔で棚に寝かされたお殿様。

   Image1695

最近のお気に入りはパソコンデスクの上、これ結構邪魔。いねむりねこのiPodがお殿様の腹の下でのされていた・・・。

    Image092

箱があったら絶対に一度は入ってみる。

猫ってせまっくるしい場所好きなんだよねー。あ、じゃあ、いねむりねこも猫なのか。広いトイレは落ち着きませんもの。

このホテルのポルノ率はかなーり高かったです。みなさんグッズを持っているからすぐにわかります。

2日目のライヴが始まる前の横浜散策でも、いたるところにポルノさんがいっぱい。

全然知り合いじゃないのに、なんか親近感が沸いちゃういねむりねこでした。

    

            

| | コメント (10)

伝説のライヴ~”横浜・淡路ロマンスポルノ’08~10イヤーズギフト~in 横浜スタジアム

            Image1714

ポルノグラフィティ”横浜・淡路ロマンスポルノ’08~10イヤーズギフト~

横浜スタジアムにおける2日間の祭りは終了いたしました!

いねむりねこは両日参戦。初日はお天気もよく何の問題もなく楽しく過せました。語りたいことは山ほどあるが、まだ淡路島公演が残っておりますので自重。

そして、2日目。昼間は容赦ない太陽の照りつけで、いねむりねこの体内から水分を容赦なく奪ったくせに、開始前からステージ上のまあっくろぉな雲が気にかかっていましたが、ライヴが始まって数分後・・・ゲリラ雷雨が襲来!

きっと友人の類まれなる人類最強の雨男が、大人しく家にこもっていればよいものを外出しやがったな・・・と呪いつつレインコートを慌しく着込みますが、あっという間にスタンドの階段は水が川のように流れ、レインコートを着てたってフードから袖口からズボンの裾から雨がジャブジャブと進入。靴のなかはすでに湖、顔に当たる雨は非常に痛い。

喉は乾いていたけど、こんなに水分いらない!大粒の雨とどろく稲妻、ひょっとして中止になる?

ギターがおしゃかになろうとも、マイクが音を拾わなくなろうとも、雨によって昭仁さんの髪型が壊滅的になろうとも、晴一さんが水もしたたるイイ男になろうとも、

いねむりねこのポルノなにぃさん方は雨にもマケズ雷にもマケズです!稲妻をバックに昭仁さんが歌い上げる光景はシュールで悩殺、いねむりねこは鼻の穴が何度おっぴろがったか。

昭仁さんがライヴを続けるって言ったときは嬉しかったな。いねむりねこを含む会場の大勢の仲間達も負けてらんないって大盛り上がり。ちょっとした雨ならイヤだな~って思うけど、これだけすさまじく降られると笑っちゃうもんなんだよね。豪雨のライヴは人のテンションを上げるのだと発見。

豪雨のせいにしたいところだけれど、今回もぶっ飛んできたいねむりねこです。雨で白くシワシワになった手でいっぱい手拍子したし、濡れて重くなった靴の足でいっぱい跳んできたよ!

着ていたライブTシャツがアンコールで出てきた昭仁さんとおそろいだと気が付いた瞬間『はおheart04』、嬉しくてレインコートを脱ぎ捨てたオロカものでウツケもんはいねむりねこです。ぐっちょぐちょのライヴTシャツをいねむりシスターに見せたら『アホですかっ』と、バッサリ斬られちゃった、えーん。肉親の言葉は時にトゲのようにココロを刺します(笑

でもね、昭仁さん曰く『伝説のライヴ』。たしかにこれは一生忘れられません。いねむりねこのメモリーにしっかと刻み込まれました。シャワーを浴びたみたいに全身びしょ濡れで歌ってくれた昭仁さん、いくつものギターをだめにしながらも演奏してくれた晴一さん、サポメンさん達、ありがとう最高にかっこよかったよ!ポルノのライヴはやっぱり最高ーっ!

そして本日9月8日、ポルノグラフィティは10年目を迎えました。

おめでとうshine

このさき10年、20年後もいねむりねこは、きっとポルノを愛しているよheart

このテンションを持続させたまま、来週は淡路島へ旅立ちます。10年目を迎えての初めてのライヴ、どんなんになるか今から狂おしいくらい期待してます!

| | コメント (10)

王子様の秘密。

王子様のしっぽは不思議なしっぽ。

  

王子様、ちょいとしっぽを見せてくださいましね。

  Image1636_2

『べつにいいけど・・・。』

さささ、ではお立ち台へ。

  Image1594

『その代わり、おちり撫でてね。』

はいはい、仰せのとおりいくらでも撫でてさし上げますよ。

  Image1403

う~ら、う~ら、うりゃりゃりゃりゃ!(・・・ああ、皆様に王子様の黄門様が丸見え。)

『にゃは!にゃは!にゃは!極楽~!』

  Image1660

王子様が陶酔している間に、むんず!としっぽを掴みます。

よくご覧くださいまし。このしっぽの先っちょ、王子様がご機嫌になってくると・・・

  Image1658

ハートの形になってきますheart

ラブリー!

  

  Image1655

『王子おにぃちゃんのしっぽは、あたちのアゴにもジャストフィット!』  

  Image1661

『えへへ、妖怪・猫又。』

  

| | コメント (10)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »