« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

いねむりねことは。

これを読めばいねむりねこの全てがわかる!

ものぐさないねむりねこが無謀にも果敢に挑む、ビッグな企画!

「100の質問に答える、いねむりねこ大解剖!」

1.あなたの本名を教えてください。
いや、ここでは無理っす・・・。

2.たまねぎは好きですか。
生タマネギは大嫌い、煮てあったり焼いてあったりしたのは好物。

3.ジャングルジムの魅力って何だと思いますか。
苦労しないと天辺に登れないとこ。

4.空母と水母だったらどっちがいいと思いますか。
えっ!何それ・・・じゃ、くらげで。

5.リンボーダンスは得意ですか。
体硬いので無理。

6.ココアにミルクは入れますか。
もう充分甘いのでいらない。

7.好きな呪文をひとつ。
ルーラか、パルプンテで迷う。

8.消しゴムのカスとか、つい手で丸めてしまったりしません?
しない。ふーって飛ばす。

9.あなたの得意な戦術はなんですか。
「え、アタシそんな事言いましたっけ?」とシラをきる。

10.あなたのお父さん、どんな人?
似てるらしい。昔、父と妹と3人で歩いているところを同級生目撃され、「うりみっつ」と言われた。

11.綺麗な嘘は好きですか。
人をいたわる嘘ならね。

12.心に残る名悪口を教えてください。
「あんたって、悩みなさそうでいいよねー。」・・・ふんっ!

13.一日に何回くらい「ありえねえ」って言いますか。
もはや口癖。

14.こういう官房長官はゆるせない!
へ?

15.新着メール、来てます?
ほったらかしにしているパソコンのメールが200通を越えている・・・。

16.好きな病原体を教えてください。
恋の病の病原体。

17.最近警察の不祥事が多いですか。
そうですかー?

18.あなたが首相になったとしたら、まずどんな買い物をしますか。
ゴルゴ13。

19.ピンセットにまつわる思い出を聞かせてください。
指に刺さった棘が抜けない。

20.嫌いな記号をひとつあげてください。
「!」。アタシのブログでやたらと出てきてウザイ。

21.現実逃避と権謀術数の違いは何だと思いますか。
逃走することと、戦うこと。

22.架空の大陸名を考えてください。
トノオウジヒメ大陸。

23.いま暇なの?
こんな事してるくらいですから。早よ寝たいですけどね。

24.友情ってなんだと思いますか。
宝物。

25.一番美しいと思う体操は何ですか?
コマネチ。

26.今はまっている方言はどこの地方のものですか。
母の田舎。我が家では標準語だけど。

27.黒板を爪でこするってのはいかがでしょう。
敵も倒せるが、自分も自滅する。いわば諸刃の剣。

28.いちばん嫌いな花はなんですか。
特になし。

29.子供は何人ほしい?
さあ・・・

30.あなたの友だちが「自分は北京原人だ」と言い張ったらどうしますか。
「知ってるよー!」

31.オードリー・ヘップバーンは好きですか。
わりと。

32.タイフーン(=台風)の語源って中国語・ギリシア語どちらだと思いますか。
どちらかなの?正解はどっちなの?

33.いま、一番最初に思いつく魚はなんですか。
へしこさば。

34.N極とS極、どっちが好き?
とりあえず南へ(あったかいほうへ)。

35.ブルターニュ半島についてひとこと。
どちら様ですか?

36.アニメで一番好きな脇役を教えてください。
「クリーミーマミ」のポジとネガの2匹の猫。

37.1日何時間くらい独り言を言いますか。
6時間くらいでしょうか・・・。


38.拷問で一番苦手なのは?
ライブ行きたいのにチケットが取れない拷問。

39.霊感はいいほうですか。
なくて良かった。怖い映画や心霊写真は好きでよく見ますが、実際となると・・・

40.最近、気色悪いと感じたものは?
満員電車の中で、ワイシャツに汗いっぱいかいているおじ様。

41.こんにゃくに対して憎しみを感じるのはどんなとき?
手でちぎったほうがよく味が染みるでちぎってたら、あの黒い粒つぶが爪に入って取れないとき。

42.黒ゴマ派?それとも白ゴマ派?
黒ゴマ派。

43.誰かの受け売りをしてください。
2011年7月24日までにアナグロテレビ放送は終了し、デジタルテレビ放送へ移行します。

44.ノアの箱舟のなかで肉食動物に食われて絶滅した動物は何種類くらいだと思いますか。
ちゃんと隔離しないから・・・じゃあ13種類。

45.あなたのファンの名前をあげてください。
そんなもんいやしねぇ。

46.好きだけど恥ずかしくて言えないセリフはなんですか。
面と向かって「かっこいいね。」は無理ー。

47.昆布茶好き?
それほどでも。

48.中1のときの担任の先生のいいところは?
頭が天然パーマだったところ。

49.足首に自信あります?
太い。

50.理想の離婚相手はどんな人ですか。
飼っていた動物の親権を譲ってくれる人。

51.シダ植物は好き?
それほどでも。

52.ある日あなたが目覚めると、紫キャベツになっていました。そのときどう思いますか。
「美輪明宏の衣装みてーだ(泣)」

53.普通のキャベツだったらどうですか?
「紫よりはまだマシか・・・。」

54. 嫌いな作家を一人あげてください。
ベストセラーだったらしいが、アタシにはよくわかんなかったあの作家さん。

55.最近、航海したことはありますか
遊覧船は好きですが。

56.何かえげつないことを言ってください。
これ、最後まできっちり読めやー。

57.「三色□順」の□に正しい漢字を入れなさい。
マージャンなんてしたことないのでわかりません。

58.メグミルクが雪印だと知っていましたか。
いいえ。

59.生きるとはどういうことでしょう。
辛いことちょっぴり、あとは楽しいことだらけ。

60.自分は救世主であると思う?
猫にとっては・・・だと思いたい。

61.もし明日地球が滅亡するとしたら、何をしたくないですか。
仕事。

62.これは王道だ、と思うものはありますか。
冷やし中華にマヨネーズ。

63.組織を裏切ったことはありますか。
転職を繰り返すアタシは雇用主の敵。

64.貝とお豆、選ぶならどちら?
豆。

65.生物兵器には弱いほうですか。
猫の攻撃にはめっちゃ弱いです。

66.ドラムはお好きですか。
好きです。でもギターのほうが格好よいと思う。

67.今のお気持ちは。
すぐに終わるかと思ったのに、結構時間かかってる・・・後悔。

68.この世で最も大きな壁って何でしょう?
もっとライヴに行きたいアタシと、ライヴに行き過ぎだといういねむりおかんとの間の壁。

69.邪馬台国って結局どこにあったと思いますか。
九州あたりじゃない?

70.パジャマにはこだわりますか。
全然こだわらない。つか、今着ているのは亡くなった祖母のお下がり。

71.龍と竜、どちらがすきですか。
龍かな。

72.原作を読んで、アニメやドラマのほうがよかった、と思うことはよくありますか。
あまりありません。


73.うにゃあ?
おっ?ご飯のおねだりか?

74.どうしても好きになれないおでんの具は?
強いて言えば、玉子の白身。玉子の黄身を残りの汁に溶かして飲むので白身はいらない。

75.自分は好きですか?
ああ、自分は大好きさ。

76.そんな自分を自惚れだと思いますか?
そこまで腐っちゃいねい。

77.なんで泣くの?
悔しいからに決まってるじゃないか。

78.例の件、どうなりました?
3歩進んで2歩下がってます。

79.三角フラスコとメスシリンダー、どっちが好み?
メスシリンダー。何のことだかわからないが、響きがいい。

80.「もけらもけら」は好きですか?
お殿様が足の裏を舐めているときに聞こえてきそうな音だね。

81.トイレットペーパーは右巻き派?左巻き派?
巻き方があるの!?

82.あなたにとってカナブンとは何でしょう。
昔、自転車に乗っていたときにデコに命中した憎いやつ。

83.私の願い事をひとつだけ叶えてくれるとしたら何?
願い事が全部かなう魔法をさずかる。

84.預金通帳よりも大事な人って何人いますか。
通帳なくてもカードがあればお金は引き出せるので、通帳ってそんなに大事じゃないでしょ。

85.愛されてますか?
いろんな意味では、はい。

86.今一番ほしいシールは?
復刻版「ビックリマン」のシール。

87.自分を電化製品に例えると?
アナログしか映らないウチのテレビ。

88.屁理屈をひとつどうぞ。
100のお題目を考えた人の気が知れない。

89.絶滅危惧種の中で何が一番嫌いですか。
深窓の令嬢。嫌いというより、触ったことがない。

90.好きなキャプテンは?
スラムダンクのゴリ。

91.なにがあなたをそうさせるの?
日ごろの憂さを晴らすため!

92.いますぐ何か挫折しなければいけないとしたら何にしますか。
ダイエット。もう知らんー。

93.山形県民にあるまじき行為とは?
さくらんぼが嫌い、とか?

94.関節技に対する熱い思いを聞かせてください。
電気アンマだっけ、ナンだっけ?

95.めぐらせてみたい妄想は?
昭仁さんと吉井さんとシカオちゃんと南朋さんがいっせいにアタシに「いったい誰が一番好きなんだよー!」とダダをこねているシュチュエーション。

96.一番好きな誤変換はなんですか。
巣かパー。スカパーって打ちたいのに。

97.ドイツに人工衛星が落下したらどうします?
次の日は仕事休みます。

98.もう一度人生をやり直せるとしたら、食べたい料理はある?
わさびが入った寿司を食べられるようになりたい。

99.凡才を定義してください。
カレーに入っている隠し味の材料ががわかる人。

百.最後に、無関係の他人に対してひとこと。
最後まで読んでしまったアナタに同情します。ご愁傷様でした。

軽い気持ちでやってみようかなーと思ったら、とんでもない大誤算。ここまで書くのに2時間もかかってやんの。

でも結構面白かったなー。

いかがでしたでしょうか?「いねむりねこ」という人間に少しでも理解をもっていただけたら望外の喜びでございます。

          Image1743

「たわけめ。ますますオカシイ奴だと思われたに違いないのに・・・。」

            

| | コメント (10)

カレーの王女様。

昨日のランチはカレー。

        

ウチの近所に「本格インドカレー」のお店があります。

        Image468

いねむりねこのチョイスは「シーフードカレー」。辛さは「ノーマル」。

魚介のダシがよーく効いていて、これがめちゃくちゃ美味しい!

ナンもほんのり甘みがあって、そのまま食べても全然美味しい!

いねむりねこ、カレーが好きです。1週間に一度、いいえ、3日に一度でも平気。

特に夏の暑い日に食べるカレーはまた格別、汗だらっだらかきながらガツガツ食べたい。

「ノーマル」はいねむりねこには全然辛味を感じなかったので、今度は辛さの段階をあと2段階上の一番辛いのにしてみようかな。

impact噴きながらカレーを食べたい!

ああ、食べたい。

これを書きながらも、口の中は唾液でいっぱい・・・

カレーには関係ないけど、

   

           Image46600 

なんか体型似てきたな・・・お姫様。

| | コメント (4)

集まれパーリーピーポー!~シカオとハイタッチで夏をぶっ飛ばせ~

本日はつま恋で開催されているap bank fes’09にポルノグラフィティが出演されてましたね!参戦された方、お疲れ様でした!ポルノの出演の様子いかがでしたか?何を歌ったんでしょう?ブログをアップされたあかつきには読みに行きたいと思いますー。

さて、いねむりねこ。3連休の初日。

「・・・ap bank fesに参戦すれば良かった・・・」と唇を噛んでお家でじっと・・・

していませんでした!!!

       Image46500 

スガ シカオ 『集まれパーティーピープル!シカオとハイタッチで夏をぶっ飛ばせ!!』

渋谷で行われた、ニューシングル「Party People」発売記念イベントに行ってきました!

ニューシングルを予約購入した特典に、このイベントの参加券が1枚もらえます。いねむりねこは、このイベントの告知前に他所で予約をしていたんですが、会社から家路へと反対方向だけど、この参加券をもらえるタワレコ新宿店へわざわざ予約しなおしてCDをとりにいったのでした。

題名に「シカオとハイタッチ・・・」と銘打ってはあるが、正直半信半疑でした。イベントはタワレコだけでなく同じ渋谷だけどHMVでも(交代制で2回)あるっていうけど、そらもう大勢の人が来るだろうしね。それを全員にハイタッチって、出来るの!?って。

まあ、たとえハイタッチは出来なくても姿くらいは拝めるだろうと、期待半分ではあるが最大級にめかしこんで渋谷へいそいそと出かけました。

     Image466 

タワレコ渋谷店へ着くと、集合時間前であるにもかかわらず大勢の人がすでに並んでいます。最後尾にちんまりと並ぶいねむりねこ。それからもどんどん人が後ろに並んでいき、もう外へあふれ出しそうです。クーラーの効いていない店内の階段に並んでいたんですが、暑くて(わーん、化粧が崩れる)!

イベント開始時刻が近づくと、列は前へと進み地下1階の「STAGE ONE」という小さめのライブハウスのようなフロアへ。中ではシカオちゃんのニューシングル「Party People」が始終流れ、ウキウキしてくる!

ステージの中央に、シカオちゃんの・・・ほぼ等身大のパネルが(笑。なんかそれが可笑しくて(可愛くて)ひとりニヤニヤしているおかしな女はアタシ。

前説(?)のお兄さんが登場。「気分はハイで!タッチはソフトで!皆さんどれだけスガシカオが好きか・・・わかっていますが、雑談、握手、ハグは申し訳ないけど禁止です。ゆっくりでお願いします。シカオさんは逃げませんからね~!」が面白かった。

で、いよいよシカオちゃんご本人が登場!!!

自分の心臓が信じられないくらいバクバクしてきたっ。

キャーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!と会場はすごい盛り上がり!あちらこちらで「シカオちゃーん!」と黄色い声が。

ステージに上がったシカオちゃん。照れくさいのかなかなか目線をあげず、何故か水着のおねぃちゃんのパネルをいじったり(笑。

ようやく顔を上げると、(おお、こんなに人が!?)と驚愕したようでスタッフと何か話しをごにょごにょした後、(あ~えらいこっちゃ・・・)みたいな表情をされてました。それから、ハイタッチの練習(?)なのか何度か左手をエア・ハイタッチして(よし!)みたいな顔がものすごく可愛かった!

ではシカオちゃんとハイタッチ開始です。思っていた以上に進むのが早くて、あっという間にいねむりねこはステージに上がってしまいました。あと4人、あと3人、あと2人・・・うわあ、ヤバイ。頭、真っ白だ。それがね、いねむりねこの前の人が相当力強くタッチしたようでシカオちゃんは、

『痛って~~~~~~!!!!』

と手を押さえてもがいてるんです。いねむりねこの目の前で。それでいきなし脳みそが覚醒した(シカオちゃん可愛すぎる・・・←悪魔)。気をとりなおし手をかがげたシカオちゃん。いねむりねこはシカオちゃんの左手に自分の右手をもちろん、ソフトタッチング。

シカオちゃんの手はゴツっと硬くて、ひんやりと冷たくて気持ちが良かったですheart

ホントに、一瞬。まばたきする時間くらい短かったけど、すっごいシヤワセ!  

その後会場を出るまで右手がブルブル震えていたんだけどね。夏大好きなんで、ぶっ飛ばされちゃったら困るけど、東京の酷暑はぶっ飛ばしてくれた!楽しかった!

          Image46501     

お土産にいただいた缶バッチ。今日の想い出に大切にします。

| | コメント (8)

落し物。

大切にしていたネックレスを失くしてしまいました。

数々のライヴやお芝居、イベントにいねむりねこのお供をしてくれてたお気に入りのネックレス。

ポルノや吉井さんやシカオちゃんやその他のアーティストのライヴ、キャラメルボックスや地球ゴージャスやスタジオライフやその他もろもろのお芝居、ディズニーランドや大阪や淡路島や金沢や因島その他いろんな旅先で、お供してくれたネックレス。

いろんな幸運なミラクルを引き起こしてくれた、お守りにしていたネックレス。

歩き出そうとしている黒猫の足元に星がついているネックレス。

気が付いたらチェーンの金具がはずれ、ヘッドだけが行方不明。

      

その場に絹のハンケチがあったら、あたくし迷わずこうしてたわよ。

奥歯でハンケチを噛み締めて、

きーーーーーーーーーーーーっ!!!

その場で白い手袋をしていたならば、あたくし迷わずこうしてたわよ。

前歯で手袋をはずしながら、

きーーーーーーーーーーーーっ!!!(片平なぎさ)

ふざけて書いたけど、気が付いた当時は相当に落ち込みました。なんであの日ただ仕事に行くだけだったのにつけていったんだろうと激しく後悔。もう、ホントにやんなっちゃう・・・

なんだかさ、この先の幸運も落としてしまったんじゃないかと、なんて後ろ向き。

明日のシカオちゃんのイベントでは大丈夫かな?

何かいい事あるかな?

お、ちょっと前向きになってきた。

| | コメント (4)

アンコール編。~Kazuya Yoshii TOUR2009 宇宙一周旅行~

注)ネタばれっている上、一日目、2日目が激しく混同しています。

      Photo

吉井さんがオープニングでアンティークの着物を羽織っていたとすでに書きましたが、その下の衣装はひらひらのついた黒のシャツにぴちっとしたパンツ。ライヴ中、ある曲の途中で吉井さんはそのシャツのボタンを上からひとつ、ふたつ、とはずしていって・・・ぬ、脱ぐの?

いえ、残念(?)ながら全部は脱いではくれませんでしたが(笑)、そのしぐさがもうエロティシズム盛り盛りです!

センターで分けて、金髪に近い色のふわふわしたパーマの髪型の吉井さん。激しいときに振り乱したその髪にもアヤシイ匂いがプンプン。しょっちゅう髪型を変える吉井さんですが、今回のこの髪型はいねむりねこはかなり好き。

あまりMCは多くなかったような気がしますが、ちょこっと触れときます。

『今年に入って偉大なアーティストやスポーツ選手が亡くなった」、と吉井さん。『俺もいつ、そうなってもおかしくないからね。』とも言った吉井さん。

客席からは「えー!」「やだー!」の声。そりゃ、嫌だよ!そんなん、絶対嫌だ!それをふふんっとやり過ごし(こうゆうキャラだから好きだよ、吉井さん)、

『それを決めるのは君達じゃないから。それは神様が決める事だから。』

おうおう、言ってくれるやんけ!でも、その後に続くこの言葉・・・

『でも、今は生きているから。生きているから、一本一本のライヴを大切にしていきたいと思います。

生まれ変わっても、この声を探してください。』

そして「SNOW」の静かなイントロへ入っていく・・・「今度はもっと急いで君を探すからね また逢いたい また逢いたい」の歌詞がざくっと胸をうった。

ではアンコール編へ。

再びステージに上がった吉井さん、全く何の予告もせずに『デーーーーーーーオ!』とシャウト!観客も「デーーーーーーーオ!」

『デーーーーーーーーーーーオ!!!』「デーーーーーーーオ!!!」『デェェェェェェーーーーーーーーーーーーーーーーーーオ!!!!』「デェェェェェェーーーーーーーーーーーーーーーオ!!!!」

真っ赤なライトに照らされたステージで始まったのは「PHOENIX」。

いやもう格好いいとしか!「フェニックスがたいよ、う、にーーーーーーーーーーー(どこまでも伸びる声に歓声が沸き起こる)ーーーーーーーーーー!!」

(代々木1日目のみ)「I WANT YOU I NEED YOU」

今回のステージは花道はあれど客席には手が届かない設置。けど、吉井さんは例のあの場面ではちゃんと妖しげに手を伸ばしていました。何回やってもこの振り付けは楽しいなあ。

(代々木2日目のみ)「FOR ME NOW」

いねむりねこの頭ではここに来るセットリストがすっかり「I WANT YOU I NEED YOU」だったので、(あれ?アタシなんであの振り付けを今してないんだろう?)と脳みそは「????」で一杯でした(笑)。落ち着いて聴けばちゃんとわかるじゃん!どれだけぶっ飛んでいるんでしょうね。

「WEEKENDER」

お茶目さんな吉井さんです。ちゃんと足、ぶつけてくれました。「朝からね いいお天気で」が『朝からね チャーハンで』、ぶふふっ!「今年一番の・・・」(東京かな?と思いきや)、『ラ・イ・ブに、なり、そうで!』客席からわーーーーーっの歓声!

「shine and eternity」

『まもなく地球へ到着します。』

『綺麗な地球、綺麗なカリフォルニアの海、綺麗な明治神宮』、そしてうっとりした表情のまま『・・・きたない人間』。吉井さん、あなたはやはり神でしたか。アタクシ達、おろかな人間に救いの手を差し伸べているのですか?

って、またそんな謎かけみたいな事してくれんでもー(笑)。

でも『君達の時代だー!』って言っていたのはここだったかな?どこだったかな?

メンバー紹介が入ります。何故かクラブのママ風にメンバーを紹介する吉井さん。ママだと思っていたら自分紹介の時『わたしは支配人。名前はないの。』だって。でもずっとそのまま、ママ風口調で『また来てくださる?』・・・『ではおやすみなさいチャンダラ。』

「またチャンダラ」

チャンダラ:タイ語で空、月の意味(歌詞カードより)

1回目のパラシュート (指を1本指して)、2回目のパラシュート (指を2本指して)

3回目のパラシュート (指を3本指して)、4回目のI want you (指を4本指して)

ゆったり、うっとり、ゆっくり、体は地球へと還っていったよ。

ただいま、猫達よ。

ここで1日目はアンコールも終わり、吉井さんとメンバーはステージを去っていきました。

2日目、この曲の後いねむりねこは祈る気持ちで吉井さんの動きを凝視・・・頼む、頼むよ!まわりの誰もがそう願っていたことでしょう。

メンバーも吉井さんも動きはするが、なかなか去っていかない。

期待に胸がドキドキする。自然と手は祈りのポーズ。

吉井さんが・・・ギターを手に取った!

『もう1曲やるからね。』

神よーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

『VOLTはブルースだって、言われてるけど(あ、そなの?)、ぶっちゃけブルースっぽいのは1曲だけなんだけどね(笑!ブルースってジャムセッションってよく言うけど・・・』

この後吉井さんが何を言ったか全く忘れました。っていうか、ジャムセッション・・・JAMというフレーズでいねむりねこは固まっちまったんだもん。

「JAM」

隣にいた人、泣いてました。きっとたくさんの人が泣いていたんだと思う。けど、いねむりねこは泣かなかった。もったいなくて、泣けないです。余計な事を考えず、ただひたすら耳をかたむけ、吉井さんを凝視して。

シヤワセな気持ちのまま電車に乗って、お家へ帰り、朝起きて会社へ行って仕事をしてますが、やはりタマシイは未だ宇宙のどっかで漂っているようです。

やっぱりZepp行きたいなあ。全滅してんだけど、諦めきれない。

また神に逢いたいです。

あのエロスに浸りたいです。

| | コメント (6)

Rock☆Star~Kazuya Yoshii TOUR2009 宇宙一周旅行~

注)一部ネタばれってますんで。

吉井和哉と書いて、『神』 あるいは 『Rock☆Star』 と読みませう。

Kazuya Yoshii TOUR2009 宇宙一周旅行@国立代々木競技場第一体育館

        Yosii_2

いねむりねこ、宇宙一周旅行から戻りました!

体はね。

膝に3箇所痣つくって、左足の親指に血豆つくって。

タマシイは未だ宇宙のどっかにただよっているけど(あああ、現実なんてなくなればいいにのに)。土、日と2日間の参戦。やっばーい!な最高なライヴでした!

ロックスターのオーラと、神のオーラと、エロスのオーラをステージから客席へバンバン放出するんだ。これに酔わないはずないじゃん!酒の力を借りずに酩酊状態ってホントになるんだ・・・(笑

吉井さんはアンティークの着物を羽織って登場。美しい立ち姿はスローなイントロの「ノーパン」のエロチックな雰囲気にぴったしで、思わずのけぞっちゃいましたよ。

「フロリダ~Biri~HOLD ME TIGHT」でアタシはもう大騒ぎやってきました。恥じも外聞も知ったこっちゃねえ、アタシはマジで楽しいんだ!

で、あのピカチュウいじり!の「20GO」!!!ぎゃああああああっ!!!ピカチュウに唇を這わす吉井さん、エロ過ぎです。その表情を見ただけで3つ子くらいは妊娠しそう!自分の生唾をゴクリと飲み込む音を聞いた。

楽しかった「魔法使いジェニー」のTMP!えっと、Tはお金が溜まる、Mは病気をしない、Pはこれから歳をとらないないっていう意味の宇宙語です。思いっきり叫んできたので、せめて歳をとらないのが叶うといいなあ。

「Rock Star」!

        Image1780

『何かこの(へっぽこ)ブログの名前にかぶっとるの。』

正解ー!このブログ名は吉井さんにリスペクトしてつけました♪

このイントロが流れた時のアタシの狂喜っぷりはとても正視に堪えられないでしょう。もしかして奇声を発していたかもしれない。両腕ぶんぶん上げて狂い踊り、だだー!たっのしいーー!この時の吉井さんの子供みたいなはしゃぎっぷりが愛しいよー。

~神様にあったらこんな風に言うんだ 「どんな目にあっても生きていたいです」 ~「シュレッダー」のこのフレーズにアタシはいつも泣かされる。っていうか、吉井さんが神でしょうが。ならアタシも生きていこう。吉井さんのどこまでも伸びる声に頭がジンジンしてた、クラクラしてた。

「恋の花」のセッションバージョン!これ、CDにならないかなあ!胸がしめつけられるような音の重なりがすごい素敵だった。吉井さんから「しっとり大人の男の匂い」を感じた曲だった。

「TALI」、定番なんて言葉で片付けて欲しくない。いつも聴きたいし、吉井さんに『幸せになろうぜー!』って言ってもらうのが好きなんだもん。

「ルビー」の罠に完全にはまったわ。完全に堕ちたわ。

わー、また「トブヨウニ」が聴けるとは!エロい吉井さんも素敵だけど、爽やか吉井さんも捨てがたいっと思わせる。衣装は黒だけど、なんかアタシには吉井さんが白く見えた(笑

本編最後の曲「ビルマニア」。まさか、最後の曲だとは思わなかったよ。だって、この時点でアタシの体内時計は1時間くらいしかたってないもん。だから吉井さんが「ありがとー!」って言ってはけていってしまった時は、「ええええっ!?」だった。それっくらい濃い時間だったんだね。

残りはアンコール編ですが、実はアタシが一番燃えたのはこれからなのよね。MCもまだ書いていないので、

続いていい?

(ダメつっても書くけど。)

| | コメント (7)

甘しょっぱい観劇日和。

週の某日の出来事でございます。

仕事の忙しさがとりあえず一段落し、疲れてはいたが新宿へ用があったので出かけました。

急に思い立つのが、アタシのクセで。

思い立ったら行動しなくちゃ我慢できないのが、悪いクセで。

先日観た、スタジオライフの「LILIES」をもう一度観たくなったので当日券をとり観劇しました。

            Image464 

キャストは前回と同じ、新納慎也=シモンと松本慎也=ヴァリエ。

先日初めて観た時があまりにも衝撃度が大きくストーリーに入り込めない部分があったり、劇団員さん達の事もあまりよく分っていなかったので、前公演同作のDVDを入手したり、劇団の情報とか集めて色々勉強したので、今回はモロに感情移入。

2度目となると1度目では分らなかった部分がよく見えてきます。落ち着いて細部が見えるようになってくると、この物語の深い深いところを探れるようになります。

同性愛を前面に出すというよりも、これはいろんな形の人間愛。

前回のブログではおちゃらけてしまったので、今回は真面目に語ろうかな。

惹かれあうシモンとヴァリエ。シモンは父親の怒りのため鞭打たれ、恐れのために愛しているのにヴァリエを突き放す。

愛するシモンに突き放され、涙するヴァリエ。

愛し合うシモンとヴァリエの二人に嫉妬し、結果としてシモンを不幸にしてしまうビロドー。

他の女性と結婚をしようとするが、本当に愛しているのはヴァリエなのだと告白するシモン。それを受け入れるヴァリエ。

ヴァリエを振り切ったシモンが結婚しようとする年上の女性リディアンヌ。嘘で固めた人生で唯一真実を求めたシモンに裏切られた悲しみと怒り。

帰らない夫を待ちわびる少しおかしくなっているヴァリエの母親のティリー伯爵夫人。シモンとヴァリエのただ一人の理解者だが、夫の真実の姿を知り絶望のあまり息子に自分を殺してくれるよう頼み込み、それが自分への愛だと息子を諭す。

母親のたっての願いに、最初は拒みながならもそうする事が母親の幸せなのだと実の母親を手にかけるヴァリエの慟哭。

行く手を失ったシモンとヴァリエ、二人が選んだ究極の愛への道は死。

いったいどれだけの形の愛があるんだ、こりゃ。

新納シモン、めちゃくちゃ繊細です。ヴァリエを突き放す場面なんか、心のうちの未練がたらったらにじみ出てるし、泣いてるし!自分の正直な気持ちを偽っている苛立ちがとても伝わってきました。視線を集めてない場面での細かい演技が良いです。台詞のない時でも全然気が抜いてなくて(当たり前か)ヴァリエと目で会話、なんてしょっちゅう(照)。松本ヴァリエの頭をなぜるしぐさとか、抱きしめる腕とか手とかに私はすごく惹かれた。ディープなキスも、軽いキスも、相変わらず赤面しちゃうけど、夢見心地な気分にさせてくれます。

松本ヴァリエ、前回観た時よりすっごく良くなってると思った!(←アタシ何様?)華奢だと思っていたけど声が一番出ていたと思えたせいか、なんか今回はすごく大きく見えた。男性を好きになる男性って女性っぽくなるようなイメージがあったけど、松本ヴァリエはちゃんと男性だったと思う。役者さんは自分の出番が終わっても、舞台の袖でたたずんでいたり、座っていたりして舞台上にいるんだけど、そこも私はよく見てました。いったんはけたら舞台セットのように微動だにしないのがほとんどだったんだけど、新納シモンに突き放され飛び出した松本ヴァリエ、舞台の袖の椅子に腰掛けてたんだけど、うつむいている、手で顔をぬぐっている・・・泣いていたの?

ちょっと今回、私は大変失礼な事をしでかしちゃったんだな。

大きめな瓶を荷物に持っていた私は、会場で落としたり割れたりすると迷惑かかってしまうので開演前にクロークに預けたんです。

そして終演後、役者さん達がロビーでお客さんへお見送りをしてくれるというじゃあありませんか。ヴァリエ役の松本慎也さん他、ほとんどの出演者さん達がそこにいる!

で、クロークの受付は・・・あわわわ、クロークの受付は松本さんの立っている場所だ・・・しばらくね、躊躇してたんです。だって、さっきまで舞台にいた人達が目の前にいるなんてアタシには経験のないことだったんですもの。そらもう、恥ずかしくってさ。

でもいつまでもロビーをウロウロしているわけにもいかず、意を決してクローク受付へと近づく私。すぐ目の前の松本さんは帰ってくお客さん達へ「ありがとうございました」と挨拶をしています。恥ずかしいので松本さんの顔から目をそらしながら係りの人に「あの、荷物を・・・」と声をかけるが、係りの人は忙しいらしく私の声に気づいてくれない。(どーしよー・・・)途方にくれる私に、

「あ、荷物ですか?」と声をかけてくれたのは、松本さん!

心臓止まったよ、ねぇさんは・・・そしてその一連の出来事をアタシはほとんど覚えていない。

クロークの札を受け取る松本さんの手が私なんかよりとても細くて綺麗だった事とか、礼を言った私に「ありがとうございました。」と返してくれた時の松本さんの綺麗な顔が脳裏に焼きついているだけで。

正直驚いて、でもとてつもなく嬉しかった!柄にもなく頬染めちゃったじゃん。

でも興奮が冷めてくるとなんて失礼をしたんだろうって・・・だってアタシの荷物を役者さんに取ってもらうのって大変申し訳ないし、その間他のお客さんは松本さんから挨拶をもらえなかったわけで・・・

いや、でも言ってしまおう。

本気で嬉しかった!ありがとうございます!

感激してちょっぴり後悔のあった観劇日和でした。

| | コメント (8)

お楽しみはこれからだ。

この座り方!

          Image453

          『なんじゃい、ワレ!』

もう7月ですよ。

月末からこっち仕事が忙しくなっていたので、久しぶりの更新です。

仕事の山を越えなければ土曜日は休日出勤になってしまうので、今日は朝から鬼のように仕事にかかりきっていました。

何人たりとも俺の邪魔をするんじゃねぇっ!ガタガタいらん事を言ってくるやつぁ、簀巻きにして窓の外へつるしてやるぞ、コラ!

なんてねー。

お昼休みにも仕事をし、残業覚悟だったのに夕方には仕事が片付いてしまいぽっかりと時間が空いてしまいました・・・

なーぜー?時間配分ミスです。

おかげで先月行けずじまいだった美容院にかけこみでやってもらえたので良かったけど。

けど、さすがに疲れた。顔がハニワ顔だ。

来週までまだ忙しいのが続きますが、頑張ります。

だって、来週の土日は吉井和哉さんに宇宙へ連れて行ってもらうんだ!

大阪にて先に宇宙に行ったお友達によれば、今回のライヴは最高にスゴイらしい!

ハンパじゃないらしい!

鼻先にぶらさがったニンジンじゃあないけれど、辛いことの後には楽しみがあるから頑張れる!

自分へのご褒美。

というのもが私は大好きです。

仕事が忙しい時期に入る前には、この手のものを必死に探している自分がいます。

何か、何か、しんどい事の後に楽しい事がなければやってられない!んでしょうね。

今月の吉井さんのライヴ、8月のJ-WAVEライヴ2日間、10月のオーガスタキャンプ、これのほかに7~9月の間に、お芝居4本とライヴ2本スケジュールに入れてしまいました。チケットとりました。

             Image456

               『アホウじゃな。』

むふふん、どうとでも言え♪

 

         

| | コメント (10)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »