« サトラレかもしれない。 | トップページ | SUGA SHIKAO JAPANーUK circuit。 »

ラヴ・レターズ。

          Image2095
    LOVE LETTERS 12・11@PARCO劇場
    出演:新納慎也・宮本裕子

いねむりねこはラヴ・レターはおろか、ファン・レターすら書いたことがありません。
もう皆さんがご存知の通り、いねむりねこの書く文章は、

やたら、長い。
やたら、くどい。
やたら、しつこい。

そんないねむりねこが思いのたけを込めた愛の文章を書いたもんなら、気味悪るがられるのがオチでしょうから(笑

朗読劇。
今まで食指が動かなかったんでスルーしていたんですが、今回は新納慎也さんが出演されるというので行ってみました。

アンディーとメリッサ、幼なじみのふたりが50年間交わした手紙。
アンディーからメリッサへの手紙はアンディーが、アンディーへのメリッサからの返事はメリッサが、ほぼ交互に手紙を読み上げます。
たまに手紙の内容に怒って相手から返事がないことがあり、「手紙は届いていますか?」「返事をください。」と続くことも。
相手から返事がこない不安、ってあるある。あ、でも、いねむりねこもメールの返事が遅いほうなので申し訳ないです。
幼い頃はそれなりに恋愛に似た感情はあったけれど、年月が経つほどすれ違い、希薄になっていく。幼なじみ故に、お互いを知り尽くしてしまったせいで成就しなかった恋。
あ~それは世間にはけっこうありそうだよね。でも、いねむりねこの人生にはないです←余計
最初はアンディーの方がメリッサに恋をしているのだけど、メリッサはアンディーを幼なじみとしか思えず、でもアンディーに恋人が出来たり、結婚したと知ると嫉妬したりして。
女って欲張りなんだよね←あれもこれも好き、いねむりねこにはよくわかる
後年、メリッサが亡くなってしまうとアンディーはどれほどメリッサを愛し愛されていたかを知ることになるのです・・・・

舞台は2つの椅子と、テーブル。
出演者ふたり、静かに舞台に上がり椅子に腰かけ、手に持っている本を開き朗読する。
表情は確かに変わる。でも目線はほとんど持っている本へ落とし、たまに足を組み替えたりするだけで、大きな動きはあまりない。
この上なくシンプル。

なのに、すごい表現力。
感情がド・ストレートに飛び込んでくる。

宮本裕子さんはいねむりねこの席からは前の人の背中に被ってしまい、その姿がまるっきり見えなかったのに、手紙を読む声だけでも奔放な少女から晩年の寂しく弱い女性になるまでの変化が目に見えるようでした。最後は涙声、ちょっと身体をずらして見えた姿は本で顔を覆っていました。

子供時代の手紙はそれらしく無邪気に、メリッサに夢中の学生時代は彼女を振り向かせようと必死で、晩年は落ち着いた感情を抑えての読み方の新納慎也さん。
メリッサの奔放さに振り回される時には困惑、突き放すときのツンとすました感じ、メリッサが亡くなってしまった時の動揺、メリッサへ想いを表情と声だけでいねむりねこの「泣きのツボ」をぎゅうっと。
いえ、涙は出ませんでしたけどね。
感情を激しく爆破しないと涙腺が緩まないもんで。
ココロはとっても静かな感動でいっぱいだったんです。

カーテンコール、手をつないで退場していくふたりの姿がとっても綺麗でした。

ロビーには歴代の出演者の写真がずらーっと。こんなにも回数をやっていたなんて知らなかったです。それぞれが違うアンディーとメリッサなんだろうな。
写真を見てたら大森南朋さんも。
南朋さんのアンディーも見てみたい、再演してくれないかなあ。

それにしても新納さんてビューティホー。
本を持つ手、コップの水を飲む姿、組んだ足、どれもこれも綺麗すぎて、
目に毒。


|

« サトラレかもしれない。 | トップページ | SUGA SHIKAO JAPANーUK circuit。 »

コメント

(=^・^=)中学生の頃に文通をしたことがあるにゃ~ん。
人見知りだったので、今でもですが・・・~(=^‥^A アセアセ・・・
文字を書くのも苦手なのですが、相手が見えないので少しは安心かにゃ~と安易な気持ちで雑誌に投稿!
数年続いたかにゃ・・・懐かしいですね。 (=^. .^=)ミャー

今なら安易な携帯やPCのメールよりも手書きの手紙の方が貴重な物に思えるにゃ~。≦(∩ェ∩)≧...ニャン

投稿: シロネコ | 2009年12月17日 (木) 22時11分

>シロネコさん
小学生の時、転校したので前の学校のお友達としばらく手紙のやりとりをしていました。
けれど、しだいに疎遠になり・・・
今はもう住所どころか、その子の名前さえうろ覚えの状態weep
数年も文通が続いたシロネコさんを素晴らしいと思いますshine
携帯もメールも普及していない時代、手紙は重要な伝達手段でしたね。電話では恥ずかしくて伝えられない事も手紙では素直に相手に伝えることができましたもんねconfident

投稿: いねむりねこ | 2009年12月20日 (日) 12時32分

>ことねさん
お久しぶりです!
連絡ありがとうございます!
吉井武道館、もちろん行きますheart
時間があえば、ことねさんとぜひ再会したいと思っていましたー


では、よろしくどうぞ~shine

投稿: いねむりねこ | 2009年12月20日 (日) 12時40分

 アドレス確認いたしましたnote
 後ほどメールしまーすhorse
 

投稿: ことね | 2009年12月21日 (月) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サトラレかもしれない。 | トップページ | SUGA SHIKAO JAPANーUK circuit。 »