« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

ほわんほわん、ぽよんぽよん。

お友達のお誘いで、パン教室の体験に行ってきました。
メニューは『じゃがミートパン』。
ちょっと~これはワクワクしますね。

パンは一応作ったことはありますよ・・・
今はもう壊れちゃってるけど、ウチにパン焼き機があったのです。粉と水入れて、スイッチONして、あとは自動で発酵までやってくれちゃう。だから、その後の成形してオーブンに入れて焼くという行程だけ。
だからお粉からパンを作るのは初めてでした。
これがね、結構楽しかったんですよ。
あ、いねむりねこがやったら大切な生地をダメにしちゃいそうなんで、肝心なところはパン作り経験者のお友達に委ねました。

あれね、発酵が終わったパンの生地ってなんて気持ちの良いもんなんでしょう。
ちょっと酸っぱい香りと、何よりその手触り!
ほわんほわんして、ぽよんぽよんで、あったかくて。
何かの感触と似ている。

         Image714
あ・・・王子様のお腹の肉だ!

さて、約2時間後、
         
Image718
『上手くできたね!』と、お友達のグーサイン。
大きさがきれいに揃っている手前がお友達の作った分。
生地を作るときに適当にカットしたものだから、大きさがてんでバラバラなのがいねむりがこが作った分。
性格が出てます(笑        

         Image721
中身はこんな感じ。
焼きたてほかほかのパン、美味しかったあ!


| | コメント (8)

TALK LIKE SINGING。

   Image71500
   TALK LIKE SINGING@赤坂ACTシアター
演出:三谷幸喜 
CAST:香取慎吾/川平慈英/堀内敬子/新納慎也
演奏:喜多形寛丈(Pf)/織田祐亮(Tp)/藤田淳之介(Sx)/伊藤隆郎(Dr)/関谷友貴(Ba)/南真一(Perc)

三谷さんの舞台はチケットが取りづらいと有名らしい。
加えて主演はSMAPの香取くんときちゃ、倍率どどどんってなもんでしょう。
今回、運良くチケットを取ることができましたので、この舞台をとっても観たがっていた後輩ちゃんと行ってきました。
当日、チケットを後輩ちゃんに見せてみる。
「あ、これヤバイですよ・・・。」と後輩ちゃん。いねむりねこは、当日のお楽しみにして事前に席は調べません。
会場に入って自分の席をギロギロと探してみると、あらびっくり、ど真ん中の2列目でした。

NYの凱旋公演である東京公演。
台詞は半分くらい英語です。なので英語の台詞の時には字幕が出るんだけど、舞台の左右端っこに出てくるもんだから、字幕を見ると舞台がまったく観えない・・・もう序盤で字幕は放棄。いいの、いいの、フィーリングで乗り越えるっつの。

話す言葉が全部歌になってしまう主人公ターロウを演じるのが香取くん。
ほとんど出ずっぱりで歌って踊って喋っている香取くん、汗だくです。汗がバンバン飛び散っています。
やはり香取くんを見たくて来ている方が多いんでしょう、香取くんが登場した瞬間に会場は「ああ・・・」というため息があちらこちらで起こっていました。
新納さんは一体何役こなしてんでしょう、舞台の端っこで生早着替え。
ああ、でもこれは演出か、ハプニングか。
上は着替えたのに、下はさっきの衣装のまんま・・・そのチグハグな格好のまま歌いだしちゃった。ハケる時に履くはず(だったであろう)の靴を手に持って退場してた。まあ、これも生の醍醐味でしょう。もうちょっと見せ場が欲しかったな~って感はありますが、歌抜群に上手いし、出演者の中で抜きんでて異彩を放ってたブラザー役、とっても良かったですよ。
三谷さんということで、あちこちに小ネタ散りばめて笑いを盛りだくさん、でもちょっと泣ける、そんな舞台でした。
何より、いつもお世話になっている後輩ちゃんが喜んでくれたので、いねむりねこは嬉しかったのです。

2列目だったのでオケピ(音楽を演奏する方たちがいるオーケストラピットのこと)の中が良く見えたんです。
ウッドベースがホントに素敵な音だったんですよ~。
ああ、やはりBassが気になってしまいます・・・
生演奏はやっぱりいいな。
舞台を背にしているんだけど、笑える場面に声は出さずにクスっと笑っていたりして。
演奏している時はすごいニコニコして弾いててね、見てて飽きませんでした←舞台を観ろ
ひんぱんにオケピばっかり見ていたら、ドラムの方と目が合っちゃいました(恥
芸達者な方たちで、舞台に上がって演技まで!
調べてみたら、TALK LIKE SINGINGで演奏しているのは
『TRI4THというバンドの方たちだそうです。

| | コメント (2)

オンタマカーニバル2010 。

                   Image2122
「au by KDDI」presents オンタマカーニバル2010
Aqua Timez/WEAVER/ HY/ S.R.S/グループ魂/スガ シカオ/
東京スカパラダイスオーケストラ/泰 基博/flumpool

今年初のライヴです。
いねむりねこ2010年ライヴ初めはシカオちゃんでした。

入りがギリギリになってしまったので最初のWEAVERと、次はシカオちゃんの出番ではないと確信したのでS.R.Sはロビーでウロウロしながら聴く。

ステージにアコースティックギターが置かれていたので、あ、秦くんかな。
3番手の秦 基博くんから席で聴きました。
「カーニバルということで・・・表情に出にくいけどカーニバルな気持ちで来ました。」
うんうん、あんまり表情出ないよね秦くん。いつか、めっちゃはしゃいでいる秦くん見てみたいよ。
弾き語りでの『やわらかな午後に遅い朝食を』はなんて素敵、バンドメンバー従えての『虹が消えた日』なんてもう最高。秦くんファン、多かったんじゃないでしょうか。拍手すごかったしね。相変わらず声量たっぷりの安定感、体型も安定感(あ、オーキャン時よりはほっそりしたように見えた)。

Aqua Timezはお腹が空いてしまったのでご飯タイムにしてロビーで聴いてました。
flumpool、座って見てようと思ったけど、それまでずっと座っていた隣のあんちゃんが立ち上がってしまったので、いねむりねこの視界はそのあんちゃんのお尻でふさがってしまい、それはあんまりなので、ちょこっと立って聴いてました。
っていうか、会場見てた。だってすごいんですもの。
前の席の女の子2人連れなんて、もう大ハシャギです。
しきりに「かっこいいー、かっこいいー。」って、flumpoolが大好き大好きって感じで!
可愛いなー。
うんうん、おねぃさんもハシャギたいその気持ち良くわかるよ。
flumpool、若くてカッコいいもんね。
でもね、おねぃさんの大好きなおっちゃん達(←シカオちゃんと竜太さんの事)だって、カッコいいんだぞ!と変な対抗心を持つ(笑

シカオちゃん、いつ出てくるかな・・・セットチェンジで用意されているベースを凝視して次はシカオちゃんじゃないなという予想の仕方をそれまでしていた。でもその時はステージがスモークで曇っておりそれがよく見えなかった・・・

不意打ちで次はシカオちゃんだった。
「うぇぇぇぇ。」と変な発声をして席を蹴り倒す勢いで立ち上がるいねむりねこ。
あれ。
センター席はほぼ立ち上がってはいるけど、いねむりねこのいるアリーナ席は廻りはほとんど着席。そらさ、シカオちゃん出演は追加発表でしたし、FCでもチケットを扱っていませんよ。皆さんスカパラやflumpoolファンなんでしょう・・・
おーけー、おーけー。アウェイ感、オッケー!!!
アリーナ席だけどステージ近いもんね、いねむりねこがここにいる事をアピールしてやろうじゃないか!と半ヤケクソ状態。でも緊張してんのか武者震いか、足が震える(笑

♪Party People
♪コノユビトマレ
♪午後のパレード
♪夜空ノムコウ
♪サヨナラホームラン
♪春夏秋冬
♪はじまりの日 feat.Mummy-D

Party People 、コノユビトマレ、午後パレは上がる曲だからフェス向きだと思うけど、いねむりねこにはちょっと物足りなかったな。ホントはもっとゴリっとしたのや、ねっとりした曲が聴きたかった。
それでも「コノユビトマレ」、竜太さんのステージ前方に出てのイントロベースソロ。
カ  ッ  コ  い  いーーーーー!!!
竜太さん、むちゃらきのシャツですよ、ムチャラキ。
竜太さんと義人さんとEXILEパフォーマンスも楽しいー。
「午後パレ」はダンサーさん達がステージを盛り上げてくれ、
「夜空ノムコウ」、SMAPに提供したという事で認知度は高いだろうけど、シカオちゃんが歌ったほうがいねむりねことっては断然いいに決まってるので、「夜空ノムコウ」はシカオちゃんの曲です。
FFツアーにはいっさい姿を現さなかったMummy-Dさんも登場。やっぱり出来る人のラップって違うもんよね、アタシがやってもお経唱えているみたいだもん。
花道の端っこが席に近く、シカオちゃん来てくれました。正直言ってしまうと、シカオちゃんより竜太さんをずっと見てたけど・・・がその時は凝視!
シカオちゃん、まだパーマ直してない・・・前のほうがカッコよかったのにい。
でも、スタンド、アリーナにもまんべんなく手を振ってくれたシカオちゃん、ありがと!
興奮し過ぎたのか、気がついたら自分のネックレスをブッち切っちゃってました(笑

東京スカパラダイスオーケストラ、ライヴでは聴いたことがないので逃したくなかった。
うわ・・・!
「闘うように楽しんでください。」
怒涛の音力、音が挑んでくるよ!
さすがにモンキーダンスは出来なかったけど、自然とガンガン身体が動いてしまうんです。シカオちゃんを除けば、出演者の中で一番いねむりねこは盛り上がったかも。
行きたいな、ライヴ。
スカパラに奥田民生(さん)が登場しました。2曲だけだったけど、民生(さん)おっとこくさくて良いわ~。

グループ魂、興味があったけど楽しかったのは最初だけ。後は食傷気味。
面白かったし下ネタ苦手ではないけれど、多すぎるのは胃がもたれるよ。

そんで時刻を見たら20時45分。終演時刻は21時予定のはずが押し捲って(サダヲちゃんのせいではないだろうかと思っている)、トリのHYの開始が21時だそう。
だいぶ疲れちゃっていたのでもう帰るつもりで荷物をいっさいがっさい持ってロビーに出たけど、せっかくだからちょこっとでも見とこうかなとまだ席に逆戻り。
あ、見て良かった。
HYもライヴは初めてだったけど、お客さん参加型の盛り上がるとこはすごい盛り上がって、聴くとこはじっくり聴かせてくれて、顔がニコニコしちゃう清々しくて良いライヴでした。
沖縄のイントネーションのMCが良いし、花道の柵を乗り越えちゃったり、お客さんサービスがとっても多い。
すっきりした清涼飲料水を飲んだようなライヴ、おかげ様で胃もたれ、治りましたー。

HYのライヴはアンコール含めて終了が22時。
14時から開始だったので、実に8時間の長丁場。
すわっ、電車がヤバイ・・・案の定、私鉄が終電、危ないとこでした。
帰りの電車では座れるとこは全部寝てしまうくらい疲労。それでも疲れを差し引いても、充分お釣りがくる楽しいフェスでした!

| | コメント (2)

今年の芝居始め。

                 Image2119
下北沢へ行くので、その前に吉祥寺で夜ご飯。
海老とモッツァレラチーズのパスタ。海老もチーズも大好きないねむりねこ、たいそうご機嫌でした。
しかし、そんな悠長な事をしている場合じゃなかったんです。

        Image2121 
武藤晃子プロデュース「むーとぴあ」vol.2
『はじめての食卓』@下北沢駅前劇場

岡田達也(演劇集団キャラメルボックス)/武藤晃子/廣川三憲(NYLON100℃)/種子/保坂エマ(劇団☆新幹線)/関戸博一(StudioLife)/岩渕敏司(くろいぬパレード)/稲垣希

いねむりねこのミステイク・1
劇場へ行くには、下北沢駅の出口は西口だと思い込む。
出口を出てみると雰囲気は全くの住宅街、携帯で確認してみればしっかりと「南口」と書いてあるではないか。
改札の中へは戻れなかったので駅員の指示で、南口へ向かって約100mを疾走することに。しかも途中で道がわからなくなって、再度駅員に尋ねる為に引き返したので時間を大幅にロス。

いねむりねこのミステイク・2
初めての場所であったにもかかわらず自分が方向音痴であることを忘れていい加減にしか地図を確認しなかった。
結果、道に迷う。
開演まであと15分。焦るな焦るな・・・と自分に言い聞かせ、右へ左へあっちゃこっちゃ彷徨い、その間道を尋ねた人3人、最後の不動産屋のおにぃさんに「駅のすぐ目の前ですよ。」と教えられて駅に戻ってみると、迷うのがありえないくらいホントに駅の目の前、5秒で着ける場所だった。

いねむりねこのミステイク・3
下北沢駅前劇場は小劇場なので通路がすごく狭い。しかも、右からの一方方向にしか出入りが出来ない。
いねむりねこの席は左から2席目。ソロリソロリと人様の足を踏まないように(それでもだいぶ踏んでしまったのだが)慎重に奥へと進んでいく。が、ありえない事にそれは自分の席の1列後ろの通路だった。もうすぐ開演、人様の足をさんざ踏んできたのにまた後戻りをしなければならないのか・・・どうしよ、どうしよ、どうしよ・・・ええぃ!
いねむりねこ、やおら履いていたヒールを脱ぎ捨て、隣の席の人に荷物を持ってもらい、あろうことか席をまたいで前の通路への移動をショートカット。
ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!ごめんなさああああああああぃ!

いねむりねこのミステイク・4
走ったせいで大汗をかき大量の体熱を放出した結果、眼鏡をかけたらラーメンを食べてもいないのに鍋をつついてもいないのに、レンズが白く曇る。

さてお芝居ですが、これがすごく良かった!
見終わった後、「ああ、いいお芝居だなぁ。」ってしみじみ。達也氏が言っていたように「ほっこりほっこり」させてくれるお芝居でした。
関西からお嫁さんが来てから、その夫婦が晩年に至るまでのある家族の物語。どこにでもありがちな、でもそれぞれの家族にしかないエピソード。個々のエピソードがいかにも身近にありそうで、余計に身につまされたのかもしれない。
将来もしかして、いねむりねこが持つかもしれない、もうひとつの家族。それがこんなあたたかい優しい家族である事を願いたいものです。
お嫁さん役の武藤晃子さんの可愛らしさ、お姑さん役の種子さんの包容感がこのお芝居のほっこり感を倍増させています。保坂エマさんは変顔すら美人だし、関戸博一さんの高校生役は良かったなー。達也氏、見た目年齢不詳にもかかわらず老け役も板に付きすぎ、老け役でもハチミツヴォイスは炸裂しておりました。
しかしながら、ひとつの舞台で子供~大人~老人までの役柄をこなす役者さんってすごいもんですね。
笑いも涙もあり、見終わった後ココロの中がほっとするリラクゼーション的お芝居でございました。とても良い芝居始めになり、今年も素敵なお芝居をたくさん観られそうな予感です。

いねむりねこが岡田達也氏を初めて拝見したのは1999年の「TRUTH」の初演でして、それからいねむりねこのお芝居好きが始り、キャラメルはもちろんスキあらば達也氏の出演している舞台を観劇し続け、ほぼ10年経っておるわけです。
終演後、達也氏が物販をされているのを発見。
いいお芝居だったのでパンフレットを買おうとは決めていたので、ならば達也氏から購入してしまいましょう!
たくさんの人が達也氏に声をかけていたので余り長くとどまっては悪いと思い、「キャラメルをいつも見ています。」と一言だけ言ってパンフを受け取って帰ろうと思ったら、「春公演もよろしく。」と、手を差し出してくれた達也氏。
10年経って、初めての接触!
いねむりねこの右手を両手で優しく握手してくださいました。
あれ?今ここにいるこの人、噂に聞くほど黒くないぞ?←当たり前

そりゃあもうね、嬉しかったです。
でも、竜太さんに握手をしていただいた時の手の震えと体内の臓腑を全部吐きそうになるほどの緊張感はなかったなあ(笑
いねむりねこ、落ち着くとこに落ち着いたか。
いやだがしかしだ、飽き性のいねむりねこが10年かけて追い続けるのって奇跡みたいなもんですよ。これからも達也氏のお芝居を観に行き続けるのは間違いないのです。

| | コメント (6)

峠の茶屋。

もののけ姫を見てしまいました。
ビデオ(DVDじゃない!)を持っているのにね・・・
はよ、寝ればいいのに。疲れているのよ。

決算業務、毎回毎回自信ないです。
何とか期日に間に合うようにと通常よりもスピードを上げてやるから、入力を確認してみるとゼロが一桁違うとか恐ろしい事やっているし。
気がつかなかったらと思うと・・・こわーい!
請求書も何度も何度もチェックしてもしても、何かが抜け落ちているような気がしてしょうがない。
以前にやらかした失敗を二度としたくないので慎重になり、慎重になり過ぎたあまりにも小心な自分に疲れちまった。
不勉強なので経理に関しては無知と言って過言ではない!←いばるな

きっぱり経理に向いていないんだってば!!←吼えるな

いねむりねこの可哀想なキャパの脳みそが悲鳴を上げてましたけど、
とりあえず山は越えたので、やほーいです。
でも明日、上司から連絡が来たら出勤です・・・絶対ヤダ(笑

恐怖の決算を頑張るために(逃避するために)、
決算が終わったら楽しみが待っていると思うために、
着々とイベント投入しております、うふふふふ!

長時間PCとにらめっこしたり、請求書の細かい数字をにらんでいたりして、
疲れた・・・とふっと肩の力を抜いてぼおっとする一瞬、後からくる楽しみのことを考えるとひとりニヤついているいねむりねこは、きっと周囲から不気味がられていることでしょう。

しかし第三四半期でこのありさまなのだから、本決算の時にはいねむりねこはどうなっちゃうんでしょうね。
さらに現実逃避に拍車がかかること間違いなし、あはははは。
この前いねむりシスターに言われたんだけど、
いねむりねこがあまりにも無謀なイベントスケジュールを組むので、
「おねぃちゃんがオカシクなってしまった、病院に連れて行こうかと思ってた。」
だって。
・・・まだそこまで心配されるほどじゃない(笑
山を登りつめて、下ったその峠、そこに茶屋があったら、ほっとするじゃない。

大好きなアーティストさん達にお願い。
ツアー始まるなら、決算の時期を絶対はずしてね!
そして月末月初もなるべくはずしてね!
これがさ、昨年は綺麗にはずしてくれたのよね。
おかげで吉井さんもシカオちゃんもポルノも思う存分楽しめた。
今年もどうかお願いします!!!!!

     Image670
     『お願いしまーす。』

         

| | コメント (4)

新春初占い。

初詣でひいたおみくじは、小吉でした。

たいがい誰かの付き添いで行って、ごくたまーについでに自分も占い師さんに占ってもらう事があります。
占い師さんの言うことを100%信じることはないけれど、50%くらいは信じるいねむりねこ。

バーゲンで思いっきり散財した後(お給料日までかなりしんどい・・・)、いねむりおかん、いねむりシスターと落ち合って、とある占い師さんの所へ。
いねむりねこは最初は占ってもらうつもりはなかったけれど、
「占ってもらえ!」
という、おかんの強固な意見に押され、ブログのネタ(笑)になればいいっかと占ってもらう事に。

占い師さんは可愛らしいおばあちゃん。
とてもちっさい声で話されるので、身を乗り出して聞かねばなりません。
とてもここでは書けない内容もあるのでそれは割愛させてもらって、その他の内容を。

「音楽好きよね?」
おお、大好きです!

「30~32歳の間にとても辛いことがあったでしょ?」
・・・思い出せません(笑←マジ

「44歳でとても大金が入るわよ。」
今とても極貧(無駄使い)ですが、嬉しいです。

「その時、何かご商売を始めると良いですよ。」
「・・・水商売なんかおやりになったら良いんじゃないですか?」
水商売!?いねむりねこが飲み屋のママになれるんっすか(笑
「”水”関係のお仕事に運があるみたい。」

「82歳までつつがなく過ごせます。」
ウチは父方母方両方とも長寿の家系なんです。

「今年は運命の変わる年になるようです。」
激動の年ってか。

「結婚はあと2年・・・後ね。」
2年後・・・という事は、

あと2年はやりたい放題出来るってことじゃん!
(コレをいねむりおかんに言ったらグーが飛んできました。)
おかんにゃ悪いが、占いと言えど、好き放題やれるのにあと2年の猶予があるって言われた事が嬉しかったりして・・・(そうじゃないだろ)。

ちなみに、
「今お好きな人とは、残念ながら結婚できません。」
今お好きな人ってだーれー?

いねむりおかんは、いねむりねこの事を占ってもらったみたいで、まったく同じ内容を言われたらしい。
親心はありがたいが、重複してどうすんの!

| | コメント (8)

食いだおれの街だったのか、巣鴨。

      Image698_2
     巣鴨に行ってきました。

おばあちゃんの原宿、なんて言われております。
まあ、ご年配率は多いとは思いますが、若い方も結構いましたよ。
正月も2日だというのに、大変混雑しておりました。
商店街には屋台も並び、そこかしこに美味しそうな匂いを漂わせています。

両親が「とげぬき地蔵様」をお拭いする為に大行列に並んでいる間、
(特に身体に悪いとこないし・・・※頭の中身以外)と、いねむりシスターともども行列から抜け出し、
   
Image699
お団子(幸福団子という)食べて~(ウマ!)
   
Image700
甘酒飲んで、ソフトクリーム食べて~(めっちゃウマ!!)
   
Image701
その後、両親と合流し、鴨丼を食べて~(めちゃくちゃウマ!!!)
加えて、写真を撮り忘れましたがお団子屋さんに美味しそうな餡ドーナッツがあったので食べました。

ええ、いねむりねこの胃袋はすっかり正月仕様でございます。

巣鴨と言えば、もひとつ。
   
Image702_2
赤パンツでしょっっっっ。
店内は、赤、赤、赤、何もかも赤!
ここまで徹底して赤いインナーを品揃えしている姿勢には脱帽です。
いねむりねこ、もちろん購入しましたよ。
   
Image2114
冬場は末端、特に足先が冷えるのでこんなものを。
どうでしょう、効くといいなあ。

商店街には激安のお店が多々あり、庶民いねむりねこにはワクワクしちゃいます。
今日は財布の紐はしっかり締めるべ、と思っていても安いものを見るとついその紐を解いてしまいますねぇ。
   
Image2117
可愛らしいなあ、と思って買ってしまった帽子。
お値段、消費税込み1,050円でございます。

それにしても、ホントに食べ過ぎました。
おみやげに塩大福と豆大福を買い、これは明日のおやつにします。
さすがに夕食はいらないし、と思っていたのに帰り道のパン屋さんで”パンの福袋”なる素敵なものが売られていたので衝動買い。
濃い味に少し辟易していたので、ほんのり甘くて淡白な味のパンをむさぼってしまったのでした。
ああ、体重計が怖い。

   

   

| | コメント (4)

あけました。

あけました。
いくら好きだからって、栗きんとんばっかりはキビシイです。

いねむりおかんが、栗きんとんを2つも買ってきました。

正月太り決定です。

PCがへっぽこになりやがりましたので、携帯から初めて更新。

新年明けまして、おめでとうございますshine

| | コメント (4)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »