« 峠の茶屋。 | トップページ | オンタマカーニバル2010 。 »

今年の芝居始め。

                 Image2119
下北沢へ行くので、その前に吉祥寺で夜ご飯。
海老とモッツァレラチーズのパスタ。海老もチーズも大好きないねむりねこ、たいそうご機嫌でした。
しかし、そんな悠長な事をしている場合じゃなかったんです。

        Image2121 
武藤晃子プロデュース「むーとぴあ」vol.2
『はじめての食卓』@下北沢駅前劇場

岡田達也(演劇集団キャラメルボックス)/武藤晃子/廣川三憲(NYLON100℃)/種子/保坂エマ(劇団☆新幹線)/関戸博一(StudioLife)/岩渕敏司(くろいぬパレード)/稲垣希

いねむりねこのミステイク・1
劇場へ行くには、下北沢駅の出口は西口だと思い込む。
出口を出てみると雰囲気は全くの住宅街、携帯で確認してみればしっかりと「南口」と書いてあるではないか。
改札の中へは戻れなかったので駅員の指示で、南口へ向かって約100mを疾走することに。しかも途中で道がわからなくなって、再度駅員に尋ねる為に引き返したので時間を大幅にロス。

いねむりねこのミステイク・2
初めての場所であったにもかかわらず自分が方向音痴であることを忘れていい加減にしか地図を確認しなかった。
結果、道に迷う。
開演まであと15分。焦るな焦るな・・・と自分に言い聞かせ、右へ左へあっちゃこっちゃ彷徨い、その間道を尋ねた人3人、最後の不動産屋のおにぃさんに「駅のすぐ目の前ですよ。」と教えられて駅に戻ってみると、迷うのがありえないくらいホントに駅の目の前、5秒で着ける場所だった。

いねむりねこのミステイク・3
下北沢駅前劇場は小劇場なので通路がすごく狭い。しかも、右からの一方方向にしか出入りが出来ない。
いねむりねこの席は左から2席目。ソロリソロリと人様の足を踏まないように(それでもだいぶ踏んでしまったのだが)慎重に奥へと進んでいく。が、ありえない事にそれは自分の席の1列後ろの通路だった。もうすぐ開演、人様の足をさんざ踏んできたのにまた後戻りをしなければならないのか・・・どうしよ、どうしよ、どうしよ・・・ええぃ!
いねむりねこ、やおら履いていたヒールを脱ぎ捨て、隣の席の人に荷物を持ってもらい、あろうことか席をまたいで前の通路への移動をショートカット。
ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!ごめんなさああああああああぃ!

いねむりねこのミステイク・4
走ったせいで大汗をかき大量の体熱を放出した結果、眼鏡をかけたらラーメンを食べてもいないのに鍋をつついてもいないのに、レンズが白く曇る。

さてお芝居ですが、これがすごく良かった!
見終わった後、「ああ、いいお芝居だなぁ。」ってしみじみ。達也氏が言っていたように「ほっこりほっこり」させてくれるお芝居でした。
関西からお嫁さんが来てから、その夫婦が晩年に至るまでのある家族の物語。どこにでもありがちな、でもそれぞれの家族にしかないエピソード。個々のエピソードがいかにも身近にありそうで、余計に身につまされたのかもしれない。
将来もしかして、いねむりねこが持つかもしれない、もうひとつの家族。それがこんなあたたかい優しい家族である事を願いたいものです。
お嫁さん役の武藤晃子さんの可愛らしさ、お姑さん役の種子さんの包容感がこのお芝居のほっこり感を倍増させています。保坂エマさんは変顔すら美人だし、関戸博一さんの高校生役は良かったなー。達也氏、見た目年齢不詳にもかかわらず老け役も板に付きすぎ、老け役でもハチミツヴォイスは炸裂しておりました。
しかしながら、ひとつの舞台で子供~大人~老人までの役柄をこなす役者さんってすごいもんですね。
笑いも涙もあり、見終わった後ココロの中がほっとするリラクゼーション的お芝居でございました。とても良い芝居始めになり、今年も素敵なお芝居をたくさん観られそうな予感です。

いねむりねこが岡田達也氏を初めて拝見したのは1999年の「TRUTH」の初演でして、それからいねむりねこのお芝居好きが始り、キャラメルはもちろんスキあらば達也氏の出演している舞台を観劇し続け、ほぼ10年経っておるわけです。
終演後、達也氏が物販をされているのを発見。
いいお芝居だったのでパンフレットを買おうとは決めていたので、ならば達也氏から購入してしまいましょう!
たくさんの人が達也氏に声をかけていたので余り長くとどまっては悪いと思い、「キャラメルをいつも見ています。」と一言だけ言ってパンフを受け取って帰ろうと思ったら、「春公演もよろしく。」と、手を差し出してくれた達也氏。
10年経って、初めての接触!
いねむりねこの右手を両手で優しく握手してくださいました。
あれ?今ここにいるこの人、噂に聞くほど黒くないぞ?←当たり前

そりゃあもうね、嬉しかったです。
でも、竜太さんに握手をしていただいた時の手の震えと体内の臓腑を全部吐きそうになるほどの緊張感はなかったなあ(笑
いねむりねこ、落ち着くとこに落ち着いたか。
いやだがしかしだ、飽き性のいねむりねこが10年かけて追い続けるのって奇跡みたいなもんですよ。これからも達也氏のお芝居を観に行き続けるのは間違いないのです。

|

« 峠の茶屋。 | トップページ | オンタマカーニバル2010 。 »

お芝居」カテゴリの記事

コメント

(=^・^=)美味しそうなパスタを食べてからのお芝居なんて素敵だにゃ~ん。≦(∩ェ∩)≧...ニャン

焦っている時って悪い事が重なりますよね・・・(´;ェ;`)ウゥ・・・
でも、感動できるお芝居を見ることが出来たら、そんな苦労も消えますね。ミャー♪ヽ(∇⌒= )( =⌒∇)ノミャー♪

投稿: シロネコ | 2010年1月20日 (水) 20時39分

>シロネコさん
なんちゅうか・・・段取り悪いっすよね(笑
もう迷う事前提で早めに出るよう心掛けますsweat02
いつも道に迷っているわりには大概間に合っていたのですが、さすがに今回ばかりは焦りました〜。
良かった、ちゃんと観ることができてhappy01
でもパスタは絶品で、これはまた食べたい、ぜひ食べたい!!!

投稿: いねむりねこ | 2010年1月21日 (木) 21時09分

いいなぁいいなぁ、行かれたのですね!!
チラシ等々を見て、行きたいなぁと思っていたのですが、今回はお休みしました。
握手して、「春公演もよろしく」なんて言われちゃったら、必ず行かねばですね☆
春公演といえば、チケットが届きましたが……
達也さん、つんくに似てる……coldsweats01

投稿: aiha | 2010年1月21日 (木) 23時46分

>aihaさん
つん・・・なんかそれは嫌~(笑
あ、春公演は行くつもりですよ。
中野のほうが近いんですが、予定が入っているので池袋のほうに。
たんぽぽ娘、好きなんで。でもこの前、前公演をTVでやっていたのをついつい見てしまいました。
あ、達也氏ちょっと若いな(笑
チケットどうだったんですか?・・・っていうのは?
良いのか悪いのか?ちょいっと気になります~coldsweats02

投稿: いねむりねこ | 2010年1月24日 (日) 15時55分

♪しもぉきーた さうすさあーいっ♪ですよ!
いねむりねこさん!(笑)

私も人のことは言えません…
初めての劇場には100パーセント迷います☆
仲間ですね♪(笑)
私に至っては、方向音痴のくせにわけのわからない自信を持って、
真逆へ真逆へと猛進するので、原因は明らかなんですけどdash(笑)

いやーやっぱり良いお芝居でしたか!happy02
岡田さんのブログの他に、
武藤さんのブログ、制作さんのブログも見てたんですが、
どのブログからも芝居の温かい雰囲気が感じられましたcatface

武藤さんは、私が唯一好きな恋愛ものの芝居で主演されていて、
1度生で見てみたいと思っている役者さんです♪
関戸さんの高校生役も見てみたかった!!(←まさか私と同い年とは!!)

…あれ?なんで私、観に行かなかったんだろ?(苦笑)
でも、感想を拝見出来てよかったですscissors
ありがとうございましたwink


投稿: れいこ | 2010年1月31日 (日) 20時44分

>れいこさん
武藤さん、いいですねー♪
すっかりファンになってしまいました。
ちっちゃくって細くってあんなに可愛らしいのに、お芝居されるとなんて大きい存在感なんだろって!
次も機会があれば観にいきたいです~。
関戸さん、初めて間近で拝見しましたが、あの方こそ年齢不詳のバケモ・・・失礼!(笑
だって最初は小学生で出てきたんですよっ。(このままずっと小学生か?)と一瞬青くなりましたが、その後ちゃんと成長してました、高校生~お父さん役までにね!
カーテンコールでずっとずっとずっとニコニコされてて、良い印象でしたよ!

れいこさん、方向音痴が治る薬がこの世のどこかに売っているとしたら、一緒に買いに行きましょう(笑

投稿: いねむりねこ | 2010年2月 6日 (土) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 峠の茶屋。 | トップページ | オンタマカーニバル2010 。 »