« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

お見舞いされたよ、北海道。

Nec_0237
超苦手な飛行機に乗ってお見舞いされ

Nec_0236
超おいしいスープカレーを食してお見舞いされ、

が目的ではなく、本当の目当ては
         ↓

Nec_0234

鈴井貴之 大泉洋 安田顕 森崎博之 戸次重幸 音尾琢真 小橋亜樹 
河野真也(オクラホマ) 藤尾仁志(オクラホマ) 大下宗吾
Live act : 月光グリーン Jake stone garage
 

CUE DREAM JAM-BOREE 2010@北海道立総合体育センター きたえーる

いねむりねこ、まさかの北海道上陸でございました。
確かに「水曜どうでしょう」も「TEAM NACS」も「鈴井社長」も好きです。
関東でお芝居やイベントがあれば、もちろん行くでしょう。ですが、
まさか北海道までやってくるとは。
あー、北海道涼しいわ。

どちらかというと、相方さんのほうがCUE関係に熱心なほうだと思うので、イベントで大泉さんや鈴井さんが出てきたときの相方さんの仔猫ちゃんっぷりを見てやろうと目論んでおきながら、
仔猫どころか、発狂した雌猫を発揮したのはいねむりねこのほうでした。
大泉さんの投げキッスに、
すぐ目の前の戸次さんの疾走に、
安田さんの剥いた白目に、
森崎さんや音尾さん、
鈴井さんが遠くでも出てきてくれれば「きゃああああああ!」
そして笑いどおしの3時間でございました。あー次の日はふくらはぎと腹筋の痛いこと。
すっかりジャンボリーにお見舞いされました。

翌日は小樽へ観光。

Nec_0226
電車の中から見た海、綺麗でした。

Nec_0232
アイス好きのいねむりねこ、見逃しません。
Nec_0231

Nec_0229運河を散歩して、港へ行けば。

Nec_0228
運良くお祭りが開催されていて、よさこいのカッコいい踊りが見られました。
よさこい、間近で見るとすごいよねお見舞いされた。

Nec_0227
小樽の美味しいお寿司と蟹汁にすっかりお見舞いされる。

場所を移動しましょう。
Nec_0223
屋上に可愛らしいマスコット「onちゃん」がいるこの建物。

そう、水どうバカの聖地「HTB」でございます。

Nec_0220 Nec_0219
鈴井さんと洋ちゃんにお出迎えされます。いや、お見舞いされます。
洋ちゃんと写真を撮ってみたり、

Nec_0211
なんと、onちゃんが出てきてくれました。中身は残念ながら安田さんではありませんよね、でも可愛くてお見舞いされます~。
onちゃん、歩くと空気のもれる「シューシュー」という音を発してます(笑

Nec_0213 おお。お辞儀ですか?

Nec_0212 あ、縮んできたよ!

Nec_0210 笑!まだまだ縮みます。見学者さんたち皆で「う~~。」と声をかけます。

Nec_0214 「ぱあ!」元に戻りました~。

Photo                onちゃんと記念撮影、ありがとね~。

以上、1泊2日の行程でした。
時間的にもう少し他へ行けたかもしれないんですが、いかんせん、いねむりねこがダウン・・・異様なほど水分を欲していたのでもしかして脱水???
涼しいと油断した北海道、お見舞いされました。

ひー!
帰りの飛行機、揺れまくり(涙
恐ろしいことこの上ない、もうお見舞いされなくていいんだってば!
このうえ、月曜日になんか風邪っぴきな感じがあって週の半ばで完治したかと思っていたけど、週末またちょっと遊んでしまい今現在、風邪をぶり返しております。
熱はないけど、ひどい咳!
最後の最後まで、北海道にお見舞いされました。


| | コメント (6)

歯医者へ行こうよ。

ろーも(どーも)、

今うまく喋れないいねむりねこです。

右のほっぺが麻酔でジンジンしているのです。

いねむりねこの上の歯は左右にオヤシラズが生えております。
歯ブラシが届かず、すでに虫歯になっているのですが、歯医者さんに「そのうち抜きましょうね。」と言われ続け、しかし恐ろしいので「そのうち」という言葉に甘えてほったらかしておりました。

今ちょうど別の歯の治療に通っていたのですが、とうとう
「今回、抜いてしまいましょうね。」
と宣告されてしまったのです。

本日、その日がやって来てしまいました。
歯医者は混んでおり、予約の時間を30分過ぎた頃に診療室へ呼ばれる。
いざ中へ入ると、そこは阿鼻叫喚の世界でございました。
治療を拒むひとりのお子ちゃまが、母親と先生と数人の助手の方に取り囲まれ、
泣く叫ぶ暴れる光景が・・・
たださえ抜歯に慄いているいねむりねこ、診療室の緊張感がさらに恐怖のどん底へ突き落とします。

「上の歯はそれほど難しくないですよ。乳歯を抜くようなものです。」と歯医者の先生様。乳歯だろうが永久歯だろうが、歯を抜くなんざとても正気ではいられない・・・

いねむりねこの上の歯の右奥に麻酔が注入されます。
だんだん感覚が無くなってくる右のほっぺ。
恐ろしいので目の焦点をぼかすいねむりねこでしたが、先生が握る何かペンチのような道具を思わず見てしまいました。
「では、行きます。ちょっと衝撃があるかもしれませんけど我慢ですよ。」と先生。

ぎゅっとつむっている、いねむりねこの目には涙がにじみます。

「もう歯は抜けてますからね、あとは歯をはずすだけです。」
この歯をゴリゴリとはずす時、麻酔が効いていたって痛いもんは痛い。

苦悶するいねむりねこ。

隣ではまだ泣き叫んでいるお子ちゃま。

まさしく、診療室は地獄絵図←大げさ

「はい、取れましたよ。」と歯医者の先生様。ああ、ありがとうごぜいますだ・・・
「良く頑張ったね~。」と助手の綺麗なおねぃさん。
いい大人ないねむりねこにかける言葉にしては、ずい分と子供扱いな感じを受けたが、とりあえず終わった嬉しさに涙でぼやけた目を開け、うんうんとうなずくいねむりねこでしたが、
なんてこったい。助手のおねぃさんは、治療を終え診療室を後にする先ほどのお子ちゃまに声をかけていたのですよ。

「記念に持って帰りますか?」
と抜いた歯を見せてもらったが、即拒絶したいねむりねこです。だってそれは見事な虫歯でしたもの。

皆さん、歯医者は早めに行っておいたほうがいいですよ~。

右ほっぺがぷっくり膨れているいねむりねこ、次は左のオヤシラズを抜きます。

| | コメント (6)

これは遠距離恋愛か。

大阪、暑かった。
滞在中の大半は酔っ払っていた感のあるいねむりねこ。

おや、アタシ大阪来てるわ

ということなんです。

すみちゃんに愛に。もとい、会いにだよ。

前回会ったのが2月の末、およそ5ヵ月ぶりの逢瀬。新幹線に乗りながら胸はワクワクでどうしようもなく、遠距離恋愛な錯覚に陥るいねむりねこ。
新幹線は定刻どおり、新大阪に到着。
迷わずにスムーズに出口にたどり着き、すみちゃんの姿を見つけると思わずニヤける。

あいかわらず、めちゃ可愛い

あああ、抱きつきたい

腰をちょっと痛めていたすみちゃんに、いねむりねこのタックルはキツかろうとそれは我慢したけど、会えた嬉しさは半端なく喋る声はうわずってキンキンになってたよアタシ

まずお茶してから、場所を移動してまだ外の明るい17時から飲みはじめるアタシら
Nec_0204 

すみちゃんとは吉井和哉氏好き繋がり。吉井さんのエピソードとか妄想話、楽しかったね!
妄想の究極の選択の話は大いに盛り上がるし、アタシが見た股間にスモークの夢(←おっと)は大いにウケてくれたようで、えへ。
吉井さんの話をいっぱいしてからに、マジでlive行きたい。
さて、嫌いではないが、それほど酒に強くないいねむりねこはこの時点で完全に出来上がっとります。何かウダウダとしょーもない話を喋ってたような記憶。

そしてまた場所移動。
「コンビニ寄っていい?」
「何買うん?」
「ウコンのドリンク。」
「えっ、○○○!?」
と、西中島の駅前でそう絶叫する愛しきすみちゃん。んなもん、コンビニに売っているかいな(笑

Nec_0205 

SPICY KICKIN'@LiveBar D.Ⅲ
松田肇(g)坂本竜太(b)宮崎裕介(key)外薗雄一(drs)

大阪でのlive行きたいな、でも行けないな。
およそ2週間前までは確かにそう思っていた。すみちゃんがコメントを入れてくれるまでは・・・あ、すみちゃん行くのかな?
だからもし、すみちゃんがliveに行くなら楽しんでね的なメールを送っておいた
その後数回のメールのやりとりにて、いねむりねこはこう送信していた

「行く。」

おやおやおや
我慢のきかない大人子供がここにおるぞ

しかし、すみちゃんに会える

これ、魅力じゃね?

さて、live開始前には酔っ払いだったいねむりねこ
酔いのせいか、普段のありえない緊張っぷりもやや緩和、1時間ちょっとの時間があったけど、その間もずっと喋りっぱなしであっという間にliveが始まる

オリジナル曲はもちろんで
歌入りありの(竜太さんが歌いだしたら、すみちゃんが倒れこんできた!具合が悪いのかと一瞬ヒヤっとしたが、そうではなく「うきゃー」となったらしく、ふたりで手を握り合いながら撃ち殺されてきました。鼻血出そうになりますよ、色気ありすぎです。)
飛び入りゲストありの、
2ndアルバムを製作中という事で、新曲の披露がありの、
各々のソロも惹きつけられの、
今回のliveはほぼスタンディング!liveは基本スタンディングが好き。
お客さんを巻き込む遊びがいっぱいで、かなり動けてアガって楽しかった!

そんな楽しいひと時のなか、2ndでスタンディングしていたとき、いねむりねこはハタと気が付く。履いているショートパンツのファスナーが全開であることに。いつからだ!(多分東京の自宅を出る前から。だってファスナーあったの知らなかったもん)大惨事であるよ。

すみちゃん、気になるヒトがいるみたい。
ニヤ・・・
いねむりねこ、自分の事はてんでヘタレだがヒトの事なら任せとけ!
「あの、友達と一緒に写真を撮ってもらえませんか?」
「いいですよshine
快く承諾してくれた裕介さん、爽やかないいヒトである。オイオイまいっちんぐ、一瞬堕とされそうになるじゃん(笑
さあ、写真を撮るよ!
「すみちゃん、可愛い・・・」思わずつぶやくいねむりねこ。
並んで写真を撮られる照れ照れのおすましなすみちゃん、
もーーーーーーーーーーーー可愛くてheart04
後でその時の話をしているとき、首から始まってどんどん顔が赤くなってくるすみちゃん。

初めて見たそんなすみちゃん、アナタどんだけ可愛いんですか?
受身が弱いなんて・・・

ここ駅のホームですけど、押し倒しちゃっていいですか?(注:いねむりねこは一応ジョシです)

Nec_0203
live終了後、時刻は午前1時近く。こんな時間にラーメン、しかもこってり。live前にあんなに飲み食いしたのに・・・だってお腹が空いたんだもん。

そこからが大阪入りの本番の醍醐味の始まり。
すみちゃんの行きつけ飲み屋さんにゴー!
そこで待っていてくれたのは、お久しぶりですFさんにIちゃん、逢いたかったです!おうおう、カウンターの中には癒し系とイケメンがいるじゃん。始めましてのCさん、素晴らしいテクニックを持っておられますね
猫好きなIちゃんと猫談義に花が咲き、Fさんの笑いのボキャブラリーの豊富さに笑い死に寸前す
関西弁講座も面白かったな
さら、とか、おぼこい、とか。あと、関西と関東では略しかたが違うっていう話。
マクドナルドを”マクド”と”マック”はもう定番。すみちゃん、ファーストキッチンを略してこっちでは”ファッキン”て言うんだよ。「ほら、何やったっけ、チュッパチャップスみたいな略しかたの・・・」て、どこも被ってないじゃん(笑

Nec_0202
関東で飲み屋さんでサワーというと、関西ではチューハイなんだって。サワーはジュースなんだって。へー!(写真はここのバーではないけれど、確かにチューハイって品書きにかいてある)
皆さんの話がホント楽しくて、いねむりねこはゲラゲラ笑っている。あっという間に時間は過ぎ、ではそろそろとなった時間は午前4時。
ちなみにウ○○・・・もとい、ウコンドリンクを飲んだにもかかわらず、目が覚めたらハンマーで殴られたんかくらいの頭痛でした。

翌日は東京へ帰る日。
新大阪でひとりお茶していると電話がかかってきて、急遽すみちゃんがお見送りしてくれるそう。思いがけない出来事に、とっても嬉しいけれど急に寂しさがこみ上げてきた。
泣いてしまうかも・・・なんて思っていたけれど、まさかの新幹線の遅れのバタバタで涙の機会を逸したよ。

Nec_0199
『すみちゃん、お土産ありがとな。おねぃちゃんがお世話になりました。』
ねえお殿さん、アタシまた年内に大阪に行くことになっているそうよ(笑

すみちゃん、ありがと。
ホントに楽しい日だった!FさんやIちゃんやお店のヒトにも感謝。
また遊びに行きたい(てか、行くだろアタシなら)。
思い立ったらすぐに逢える距離ではないけれど、アタシはいつだって大阪行きたい。

そういう事なので、次回もよろしくねheart

| | コメント (4)

キューピーのまわしもの。

Nec_0193

このヒト、最近お行儀が悪うございます。
食事をしていると、必ずといっていいほど食卓の上に上がって、アタシ達が食べているものにすごく興味をもたれているのです。

Nec_0196

注意して食卓から降ろしても、しつこくしつこく上がってきます。
もう、メンドクサイのでいまや放置。

Nec_0197

この日はなんだかドレッシングが気になったようで、何故だかさっぱりわからないが数分この状態。

関係ないけど、会社のヒトの携帯の着信音が「3分クッキング」のテーマソングなんですよね。

これ、1回聞いてしまうと1日中そのメロディが脳内にこだまするんです。

| | コメント (4)

SUGA SHIKAO “FUNKASTiC SUMMER 2010”

Nec_0191
SUGA SHIKAO “FUNKASTiC SUMMER 2010”@NHKホール 6/30、7/1

Vo、g:スガ シカオ b:坂本竜太 g:田中義人 ds:岸田容男 key:POCHI cho、key:佐々木真里

決算期なので残業が心配だったけど、書類蹴っ飛ばしてでも駆けつける決意をしていたし!退勤まぎわにぐだぐだ言ってくる輩なぞ、ぶっ飛ばしてやる勢いだったし。
FCとプレイガイドで各1日ずつチケットが取れたので、東京公演両日参戦。
席は初日は1階席最後列、2日目は3階の2列目。
いやどこだってアタシは楽しめるし(若干、bassを弾く方の前の席の人が羨ましかったりもしたが)。

ツアー中だからもちろんセトリは書かないけれど、今回は特にシカオちゃん自ら緘口令を敷いたので絶対に公開しない。
マジックがかかっているので、これから行く方楽しみに。
アルバム以外の曲も好きなものばかり、ヤベまた行きたい。

お久しぶりのシカオLive、

踊りまくりで、汗みどろでスガ。

湿気と汗でいねむりねこの剛毛多毛がFUNKしてまスガ。

シカオちゃんのライヴはお世辞にも全編が爽やかじゃない、あの重苦しい空気感が身体に染みてクセになるよ。
エロい、変態、重い←字面を見ると褒めてないように見えるが、そこが好き。
そんな空気感にどっぷりな2日間の参戦で、いねむりねこの脳みそグダグダ身体はガタガタ、でもまだ翌日に筋肉痛がくるわ、あな嬉し。

ホールライヴだからか、参戦している方の年齢層は幅広い。
女子高生や若いOLちゃん、若い野郎ども、リーマンから初老のおば様おじ様まで、日本の老若男女をよくも取り揃えました、てな感じ。
いねむりねこは若いOLちゃんカテゴリーにお願いだから入れておいて(笑

さて、そんな老若男女ほぼ全員がノリまくれるシカオちゃんのLiveってさ、すごいなあ。

アルバムには参加していなかった竜太さんがライヴでどんな音を聴かせてくれるのかが楽しみのひとつでありツボであったのだけど、そのツボは深かったよー、まさにドツボです。
ステージをちょこちょこ動き回る竜太さんと義人さんが可愛かったし、いまや時の人、義人さんへの核心に触れないが弄るシカオちゃんのMCは面白すぎた!
キッシーのドラムはホントにカッコいいなあ。

意外にもシカオちゃんのライヴグッズを初めて買いました。まだ全部読んでいないけど、パンフをね。これ、面白かった。

あー現実忘れるのってなんて素敵。
決算業務なんて、もう知らんがな。

| | コメント (2)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »