« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

APOLLO JAM。

Nec_0372

ライヴ漬けな日々、シヤワセなんです。

会場が小さいと、演奏者の方達があまりにも近い。

音が何にも遮断されずダイレクトにぶつかってくる。

音は耳に聴こえているが、気持ちは完全にトリップ。

これが非常に心地よいのです。

ライヴはもはや、いねむりねこの人生から切り離せないものになっております。

APOLLO JAMを聴いたのは2回目。
今回の高円寺のハコは小さめで、フラットな空間があまりないせいかぎゅっと詰まった感じで、とても居心地が良かったです。
ゲストに桑野信義さん、シカオさんのライヴにも出ていたホーンセクションの3人も参加の最高に盛り上がるライヴ。
その日にできたばかりの新曲をリハなしにやってのける勝田さん、もうもう感嘆いたします。
ちょっとしたハプニングもありつつ(笑)、
容赦なく圧倒されたライヴでございました。

料理とお酒が美味しくて、

ライヴが最高で、

飲みすぎたお友達といねむりねこは

翌日、二日酔い祭りを開催したのでした。

ワッショイワッショイ。

|

『Act Against AIDS 2010 』感謝まつり THE VARIETY ジュワッチ!(18)

『Act Against AIDS 2010 』感謝まつり THE VARIETY ジュワッチ!(18)

Nec_0375_2 

毎年の恒例のイベント。
今年も後輩ちゃんと行って来ました。

お仕事で先行予約の電話ができない後輩ちゃんに代わっていねむりねこが電話をかけ続けること十数分、責任重大だよと慄きながらもなんとかチケットゲット。
後輩ちゃんがチケットを引き換えてきたら、Bブロックでした。

恒例行事なので、出演者いかんにかかわらず毎年参加しております。
ま、ポルノグラフィティが出てくれればラッキー、なとこです。
チケットを取った時点では、たしか出演者はほぼ(岸谷さん寺脇さん以外)未定でしたもん。

そして、今年はそのラッキーな年になったんだよね。

出演:岸谷五朗 寺脇康文 サンプラザ中野くん パッパラー河合 ポルノグラフィティ   Perfume FLOW 三浦春馬 佐藤健 吉高由里子 ゼブラクイーン 
森雪之丞 サエラ Skoop On Somebody 岸谷香 森公美子 角田信朗 キマグレン つるの剛士 

「世界エイズデー」に開催されるこのイベントの趣旨は、エイズのことを知って、考えて、チケット代は寄付すること。
あまり人から褒められないいねむりねこでも、イベントを楽しみながらもお役に立ってしまう、いわば地獄行きへのほんのちょっとの免罪符。

楽しかった!

つるの剛士が歌う「M」、良かったよー。後半は岸谷香さんと一緒に歌ったのでなお感動。
寺脇さんが香さんを『奥さん』って言うと、岸谷さんは『奥さんって言うなっ。』と照れちゃって、一緒にステージに立つ姿についニヤニヤ(後輩ちゃんは岸谷さんファン。これは結構珍しい光景だと教えてくれました)。

三浦春馬くんと佐藤健くんが出てきたときの歓声ったら、すごいのよー。
まー可愛いこと←おばちゃんかっ

Skoop On Somebody、好きかも

そして、

ゼブラクイーン!(仲里依紗)

アガッた~

可愛いー!←という、いねむりねこの発言に後輩ちゃんが『えっ!?』(笑
だっていねむりねこ好みのエロくて超可愛いかったんだもん

トリは

はい、

ポルノグラフィティ!!!!です

総立ち、武道館総立ちです。

1曲目は「アゲハ蝶」、ポルノを知らない人でも”ちゃちゃちゃ”の手拍子&”ラララ~♪”のコーラスで武道館が一つになったよ

「君は100%」、カウントダウン前にライヴで聴けて良かったなあ、よし大体分かった!次はばっちり合わせることができます。

念のためポルノタオル持ってきといて良かったー!の「ハネウマライダー」。思い残すことなく振り回しときましたっ

久しぶりに見る生の昭仁さん

嬉しかったなあ

いつも一生懸命に 歌う 走る 跳ぶ

なので、いねむりねこもついつい、やり過ぎてしまう
3曲なのに、筋肉痛にお見舞いされたよ

ところで、晴一さん
ステージ左の花道の端に行こうとしてましたけど、ギターのコードがあそこまで届かなかったんですか?
『あれれ?』みたいな顔、ばっちり見えちゃいました。

帰り際、後輩ちゃんに「アタシ今年で何回目の参加だったっけ?」って聞いてみたけど、「わかりません(笑。」

晴一さんがつぶやいていたように、このようなイベントは本当はなくならないといけないんだよね。

この世界から1秒でもはやくエイズと貧困がなくなりますように。

|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »